Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 勝山秀夫
katsuyama@nkomei.com

昨日は、まちづくり対策特別委員会と路線バス事業者との意見交換会が行われました。出席者は、まちづくり対策特別委員、長電バス、アルピコ交通、長野市都市整備部の三者です。
はじめに、バス会社2社より、バス会社の経営実態、バス会社への補助金の仕組み、市民がバスを利用しない理由、バス会社の実情、課題などをお話しいただきました。長野市のバス利用者は減り、赤字路線が増え、国、県、市から補助金を交付していただき赤字路線を存続している厳しい現状。ただ、バス会社としては、赤字路線を廃止しても法律的に問題は無いが、市民の足が無くなってしまうため、行政と協議しながら、補助金を交付し存続しているという実情。運転手の成り手が無く運営上で困っているなど、長野市のバス会社の具体的な状況、課題を教えて頂き大変参考になりました。
私からはバス会社の方に「今後、人口減少社会、超高齢者社会を迎えるにあたり、バス路線の存続維持が益々厳しくなると予想される。バス路線、市民の足を確保する為、どのようなまちづくりをして欲しいか?」について質問させて頂きました。
バス会社2社とも、病院や商業施設など、人の集まる施設をまとまった場所に集約して欲しい、高齢者の住む場所がある程度まとまると助かるなど、人の動きがある程度まとまるようなまちづくり、効率的なまちづくり、いわゆるコンパクトシティを進めて欲しいとの要望を頂きました。また、企業誘致などを進めて人口を増やして欲しいなどの意見も頂きました。
人口減少に対応したまちづくり、インフラの効率化などコンパクトシティが進められていますが、バス事業者さんのご意見をお聞きし、持続可能な公共交通という観点からもコンパクトシティのまちづくりの重要性を改めて実感しました。

コメントは受付けていません。