Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
長野市 勝山秀夫
katsuyama@nkomei.com
バックナンバー 2018年 1月

今日は長野市議会スポーツ文化振興議連として、今年3月1日オープン予定の長野市営健康レクリエーションセンターサンマリーンながのと長野市リサイクルプラザの見学会に参加してきました。
1年中利用できる施設で、プールの種類は、流水プール、スライダー、増波プール、入江プール、幼児プール、25メートルプール、ウォーキングプールがあります。その他にもトレーニングルーム、レストラン、温浴施設、休憩室等、大変充実した健康レクリエーション施設になっています。
直ぐ隣にリサイクルプラザが新設しますが、こちらも会議室、最新の多目的ルームを完備した素晴らしい施設になっています。
どちらも3月1日オープン予定です。
本来であれば設備の写真を掲載したいところですが、オープン前なので外観の写真のみでご容赦下さい。
いずれにしても、長野市の活性化につながる楽しみな施設です。
乞うご期待!
施設概要、施設内容、利用料などは下記URLを参照して下さい。

https://www.city.nagano.nagano.jp/uploaded/attachment/127013.pdf

今日は視察3日目。
予約乗合タクシー「カシワニクル」の視察で千葉県柏市に伺いました。
このカシワニクルは、柏市の交通不便地域対策として取り組んでいる事業です。
柏市は人口42万1千人、面積114、74k ㎡。長野市の人口は38万人、面積834、81k㎡。
人口密度が違い過ぎるので長野市に当てはまらない点もありますが、しっかり勉強して来ます。
視察も最終日、疲労も溜まって来ましたがもう一踏ん張り頑張ります!

中心市街地拠点施設「アンフォーレ」について
今日は視察2日目。中心市街地拠点施設「アンフォーレ」についての視察で愛知県安城市に来ています。
アンフォーレは中心市街地の活性化、賑わいを目指すため、旧更生病院跡地に図書館、スーパーマーケットなど複合施設を平成29年6月にオープン。施設整備はPFIと定期借地という2つの方式を組み合わせ、市が直営で運営する図書館では会話や軽食を認めるなど、新しい運営に挑んでいる。
1階から3階まで抜け見渡せる吹き抜け、ガラス張りで囲まれた建物が開放感を醸し出し居心地の良い空間になっています。
長野市は現在、中心市街地にある公共施設もんぜんぷらざ(旧ダイエー)を耐震補強するか、立て直しをするか検討をしています。今後の公共施設の在り方、複合施設の在り方、議論の進め方の参考にしたいです。
アンフォーレに興味のある方は以下のアドレスを参照して下さい。

https://anforet.city.anjo.aichi.jp/

今日は長野市議会、まちづくり対策特別委員会の視察。岐阜経済大学マイスター倶楽部の取組についての調査で岐阜県大垣市に来ています。
マイスター倶楽部とは、地域社会を舞台ににして学生が研究・実践活動に取り組む「まちなか共同研究室」です。主に中心市街地活性化について研究をしています。
当初は、大垣商工会議所の「空き店舗対策モデル事業」の一環として1998年10月にスタート。2006年には、大垣市、大垣商工会議所、大垣市商店街振興組合連合会、岐阜経済大学の4者で「中心市街地活性化のための4者協定」が締結され、更なる連携を進めています。
現在では、岐阜経済大学の学生約30人が運営に参加し、調査研究、イベント企画など、様々なプロジェクトに取り組んでいます。
今日は、まちなか共同室で、マイスター倶楽部の菊本准教授、小川コーディネーター、学生さんと意見交換をさせて頂きました。
長野市は来年度、県立長野大学の開学。看護大学が2校開学が計画されています。大学生と協働のまちづくりに生かしていきたいです。

先週は地元、下駒沢区で通信のポスティングをしました。今週は更に拡大して金箱区でもポスティングを開始しました。
通常は下駒沢区しかしていませんでしたが、今年から更なる拡大を目標にしています。地道ではありますが、普段の活動、実績をできる限り多くの皆さんに伝えていきたいです。

今日は公明新聞PR版、勝山ひでお通信を持って企業訪問を中心に活動をしました。
公明党の実績、個人の実績を話すと、大変喜んで下さいました。
これからも皆さんの期待に応える為、しっかりと実績を作り、地道にお伝えして参りたいと思います。

今日はRESAS (地域経済分析システム)の研修を受けています。
RESASとは、インターネットのブラウザを使って自治体の人口、雇用、医療、財政、産業構造、観光などデータ分析が出来るシステムです。私も初めて見ましたが、誰でも簡単に利用できること、多くの分野の細かい分析ができる事に驚きました!
自治体で政策を作る上で、客観的なデータ、特にデータの過去から現在までの推移、何十年先のトレンドの分析が大変重要になります。今後の議員活動に生かしていきたいです。
興味のある方は以下のホームページを参照して下さい。
RESAS (地域経済分析システム)のトップページ

https://resas.go.jp/#/13/13101

RESAS (地域経済分析システム)のオンライン講座

https://e-learning.resas-portal.go.jp/lp/

※ブラウザはGoogle Chromeを利用する事をお勧めします。

今日は東京で地方議員研究会主催の「自治体議員としてのマイナンバーの課題」につての研修を受けました。
マイナンバー制度については昨年12月の一般質問をさせて頂きある程度は理解していると思っていましたが、専門家の講習を受け曖昧だったところが明確になり大変参考になりました。
また、マスコミによる報道により、市民の皆さんに間違った情報が流されたり、大切な情報、正確な情報が伝わっていない為、マイナンバーの理解が遅れていることが残念に思いました。
今回の研修を生かして、一般質問などを活用して市民の利便性の向上、行政の効率化の実現をして参りたいと思います。