image

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは、富田まゆみです。

平成27年1月28日~30日教育民生委員会で行政視察に行ってきました。      

28日は、岡山県倉敷市に『介護支援いきいきポイント制度について』です。

高齢者がボランティア活動に取り組むことで、積極的に地域に貢献することを奨励、支援し、社会参加活動を通して高齢者自身の健康増進を図るため、ボランティア活動の実績に応じてたまったポイントを換金できる仕組みとして、平成22年10月から実施しているものです。

ボランティアに登録し、活動されている方は、年々増えているそうです。皆さんいきいきと活動され、介護施設の事業者さんにも大変喜ばれているそうです。

活動の内容は、主にレクレーション、イベント、話し相手、お茶出し、配膳など。

100ポイント=100円  1日200ポイントまで 

換金できるポイントは、年間5000ポイントが上限となっているそうです。                           ほとんどボランティアですが、ポイントが貯まるのも楽しみのひとつになっているようです。

倉敷はマスカットが名産で、そのマスカットを使ってのワインが、希少価値がありとても美味しいとのことでお土産に買いました )^o^(

image

image

 

 

 

 

 

 倉敷の美観地区

 白壁 キレイ!!(^^)!

 

 

 

29日には、岡山県岡山市の『ごみ減量化の取り組みについて』です。

平成20年度に、家庭ごみの役4割を占める生ごみの減量化・資源化を推進するために、産官学民で構成する「岡山市エコ技術研究会」で「生ごみ減量化ハンドブック」を作成し、市民への啓発を行い生ごみの減量に取り組んでおられます。

「岡山市エコ技術研究会」は、研究と活動を実施して「循環社会」の形成に資することを目的で2003年に設立されました。

市との連携で活動にも幅ができ、熱心に取り組まれている内容を、学ばせていただきました。

生ごみ水切り器をいただきましたm(__)m

image

 

 

 

 

 

30日の最終日は、福岡県北九州市に『いのちをつなぐネットワークの取り組みについて』です。

平成20年度から、「いのちをつなぐネットワーク課」を設置し、既存の地域における見守りの仕組みを活性化し、活動者間の連携を促進する取り組みを行っています。地域福祉の中心的役割を担う民生委員の活動しやすい環境づくりとして、福祉協力員との連携強化や、情報提供の充実、支援体制の強化等を行い、民生委員の負担軽減を図られています。

当市においても、民生委員の負担軽減の体制を考えていかなければならないと思っています。

image

   

   会議室の窓から

   小倉城が一望できます。

    ちょっと曇りなのが残念!

 

 

 

 

 

image

 議会の図書室!!

 すご~い!!

 専属の司書の方まで!! 

 

コメントは受付けていません。