3月 5日

 25年度第1回定例議会が始まりました。

 5日から7日までの本会議で、一般質問と、議案審議が行われます。

 今回、私は「公共施設マネジメントの取り組みを」と題して一般質問を行いました。だれかとテーマが重なってもいやだなと思って、今回頑張って早めに通告文を提出したら、1番目になりました。

 早い方が、とは言え、1番は大変緊張しました。それでなくても、毎回、上手く町側に、こちらの主張をできるだけ受け止めてもらいたいと思っても、なかなかうまくいかないので、凄くきんちょうしていたので。

 町側に、庁舎の耐震診断を受けた対応を鑑みて、今後、町の公共施設にかかる費用を、できるだけ掌握し、適切な施設の管理運営をマネジメントすべきと訴えました。

 町は、描く担当部署ごとに、施設掌握を図っており、適切に管理しているといった答弁で、なかなか、全体掌握を行い、将来に向けた、最小の費用で最大の効果をあげられる経営方法をせんたくしてもらえません。最近では、専門家や研究グループの多くがマネジメントの必要性を提唱しています。

 町は町独自の取り組み方で対応したいと考えているようでした。一般質問は難しいですね。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
瑞穂町 下野義子
giko_8001249@yahoo.co.jp