menu

 

2月 24日

 日野市の多摩平交流センターで、高次脳機能障害のご主人をもつ、柴本礼さんの講演を聞きました。

 高次脳機能障害は、脳卒中などの病気や事故などの原因で脳が損傷され、言語・思考・記憶・行為・学習・注意などに機能障害が起きた状態をいいます。原因の多くは病気によりますが、交通事故による外傷性の脳損傷でもよく見られるそうです。

 しかし、この障害はまだまだ認知が進んでいません。医者ですら認識していない場合もあるとか。自治体ではさらに、で、障害の認定をしてもらうのも一苦労であるそうです。見た目が健康そのもので、会話も成り立つため、障害と見られにくいとの事。(話をしていけば、つじつまが合っていないなど分かってくるそうですが)仕事はできない『理解してくれる会社でなければ)、生命保険は高度障害と認定してくれないので、仕事が無くなって保険料が払える状態でないのに、保険は下りない、介護が必要なので家族の負担が増大。聴けば聴くほど大変だという事が分かりました。

 現在、柴本さんは、地域、社会に広く認知され、支援が拡充するよう、本を出版し、こうした講演活動をしているそうです。

 福生病院にも、聴いてみようと思います。

 全国に50万人とも100万人とも言われる患者さんがいると言われています。障害と認定されても、補助等を受けるためにいくつもの申請書やら手続きが必要で、大変だったとのお話に、一つの窓口で、まとめて対応できる事も必要なのではを感じました。我が町にも聴いてみようと思いました。

 今後、少しでもこうした方々の味方になれるよう、勉強し、取り組んで行きたいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
瑞穂町 下野義子