menu

2月 8日

 西多摩郡町村議会議員研修会が桧原庁舎の会議室で行われました。

 東京財団研究員の冨田氏と三原氏の講演を聞きました。

 テーマは「社会保障における地域の役割~社会保障制度の地方分権を~」で、現在の状況と課題を分析し、それに対し医療・介護政策のビジョンをに基づいて政策提案を語られました。

 包括ケアのグループ化、費用を管理料とするなど、なかなか面白い提案と思いました。実際、現状は厳しく何らかの手立てが必要で、今後、斬新な方法を検討する事が望まれます。

 こうした政策は実現するには、自治体だけではできないけれど、バックアップ的な施策はできるのではないか、とも思いました。

 とても有意義な講演会でした。

 

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
瑞穂町 下野義子