9月 20日

 第五小学校で公開授業が行われ、午後、1年生対象に、「動物ふれあい教室」が行われました。東京都教育委員会が推進している教室で、多摩地域では、ここ五小で実施されたそうですが、大変良い取り組みと思いました。

 鶏とうさぎとのふれあいを行いましたが、まずは、動物のお医者さんが、言葉を話さない小動物とのかかわり方や、気配りなどについて、映像を利用して教えてくれました。相手を思いやること、優しく接することなどです。その後、一人ひとり、順番に、座ったところにタオルをかけ、そっと鶏をだっこしました。優しくなでたり、羽をさわったりしました。

 はじめは恐る恐る、触れていましたが、優しくすれば、鶏も静かにおとなしく抱かれていて、ていねいに、じょうずに抱っこできていました。次に、うさぎも抱っこしました。

 動物のふれあいと言うから、モルモットやうさぎにふれる、出張動物園を想像していましたが、キチンと命の大切さや、相手の様子から相手の気持ちを思いやることを、小さな動物の手を借りて、学ぶ授業でした。

 その後、保護者に向けて、動物を飼育すること、かかわることの大切さを、取り組んでいる学校とそうでない学校の子どもたちの成長例を通して語る時間が設けられました。クラスの半数くらいの保護者の参加があり、とても心に残る話が聴けました。きっと、お母さん一人ひとりの心にも、大切な何かが残ったと思います。

 人とのかかわりが薄れつつある昨今、コミュニケーションがうまくできない子ども(人)が増えているといわれていますが、小さな命を預かり、責任を持って育てることが、大変心を育てる効果があることに、改めて気付かされました。係の仕事にしない、だれもが、学校の休みの時にも、かかわること、命の営みに休みがない事を知り、命の重さを知ることができると、獣医さんはおっしゃっていました。

 瑞穂の各学校でも、小動物を飼育していますが、高学年だけでなく、早くから、みんなでかかわることの大切さを是非伝えたいと思いました。

 

 

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
瑞穂町 下野義子
giko_8001249@yahoo.co.jp