menu

 1月31日(月)、町と議会共同で、東京都都市整備局、JR東日本・東京工事事務所、JR東日本・八王子支社に対し、要望活動を行いました。

都庁、都市整備局に対しては、「多摩都市モノレール箱根ヶ崎延伸の早期事業化について」の要望書を提出しました。

現在、上北台から箱根ヶ崎までの青梅街道の拡幅工事に向けた用地買収も進められており、1日も早いモノレール延伸を望むところであります。

要望活動には、林田、島田両都議会議員にも同席していただきました。

JR東日本・東京工事事務所(新宿)に対しては、「JR八高線に関する要望書」を提出しました。

JRは、平成22年、車両基地の建設及び拝島~箱根ヶ崎駅間の複線化計画を当面着手しないと発表しました。

このことについては、町として容易に容認できるものではありません。

新駅の設置、車両基地の建設及び複線化の実現による利便性の向上を要望しました。

最後に、JR東日本八王子支社に対し「JR八高線に関する要望書」を提出しました。

要望事項は、1、朝夕のラッシュ時、17時、18時代と24時代の運行本数の増発。

        2、東京方面直通電車の上下線増発。

        3、箱根ヶ崎~金子駅間に新駅の設置。

        4、東福生~箱根ヶ崎駅間に新駅の設置。

        5、車両基地及び拝島~箱根ヶ崎駅間の複線化計画の早期実現。

        6、地方交通線から幹線への昇格(運賃格差の是正)。

一日も早く実現できるよう、今後も公共交通特別委員会で活動してまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
瑞穂町 小川龍美