KOMEI女性フォーラムを開催しました

 今日午後2時から、羽村ゆとろぎで「KOMEI女性フォーラム」を開催しました。

はじめに、青梅総支部女性議員を代表して、開会のご挨拶をさせていただきました。

公明党はこれまで、子どもたちの命を守るため、また、災害時には避難所となる「学校の耐震化」に全力で取り組んできました。その結果、この地域の耐震化も大きく進み、羽村・瑞穂・奥多摩で全ての学校の耐震化が終了しました。青梅市も今年度で完了する予定です。

また、女性議員が中心となって、各議会で「防災会議への女性の登用」、「女性の視点を生かした避難所の整備」の必要性を訴え、前向きな答弁を引き出すことができました。・・・こんなことを報告しました。

次に、「災害に女性の視点を」と題し、NPO法人「男女共同参画おおた」理事の日向野みどりさんによる講演がありました。

阪神大震災や東日本大震災を通し、避難所運営に女性の視点が大切であることを語られました。

小澤敏明・眞木子夫妻のすばらしい演奏に続き、高木美智代議員から国政報告がありました。

高木議員からは、公明党が取り組んできた様々な政策が語られました。

皆様もよくご存じの「釜石の奇跡」。東日本大震災は東北沿岸部に甚大な被害をもたらしましたが、岩手県釜石市では、市内の小中学生3000名のほぼ全員が難を逃れ無事でした。

同市では、2005年から群馬大学の片田教授による津波防災教育が行われていましたが、この結果は、防災教育の重要性を物語る出来事でした。

公明党は、防災教育を推進するため、8800万円の予算を確保し、平成20~24年から文部科学省の「防災教育支援モデル事業」をスタートしました。釜石市もこの事業に採択されていました。

しかし、民主党はこの事業を22年で打ち切ってしまいました。

子どもたちが、高台に避難し、その後バスに乗り避難した「釜石山田道路」も、公明党が「命の道路」として、全力で整備したものだったそうです。

現在、首都直下地震が懸念されていますが、公明党は都市を守る緊急提言を発表しました。

「防災・減災ニューディール・・・安全・安心な社会基盤の再構築」を含む「総合経済対策に関する緊急提言」は、辻井教授から100点満点の政策と評価されたそうです。

公明党女性防災会議の活動や、女性の健康を守るための「がん検診無料クーポン」、「子宮頸がんワクチン」不妊治療の助成の実現など、たくさんの実績について話していただきました。

今回は、運営全般に関わらせていただきましたが、ゴールデンウィーク初日にもかかわらず、大勢の方にご出席をいただき、大成功で終わることができて本当によかったです。

参加してくださった皆様、運営に携わってくださった皆様、本当にありがとうございました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
瑞穂町 小川龍美
tatumi.ogawa@gmail.com