menu

12月13日一般質問を行いました

1、子ども・子育て支援新制度について

①地域子ども・子育て支援事業

②病児・病後児保育事業

2、通学道路の安全について

①通学路安全点検

②指定通学路以外の通学道路の安全

○ 病児・病後児保育事業をみよし市ではファミリ ーサポートセンターの預かり活動の一つとして実施。県内の多くの自治体では病院・保育所等に付設された専用スペースで保育されている。施設スペースの有無、利用料など本市の仕組みが利用しやすいサービスなのか、見直しの必要性を訴えました。病児・病後児保育事業の見直しが必要であり、さらなる利用サービスの拡充、利用しやすい制度となるよう検討していくことを確認しました。

○ 指定通学路に限らず、子供が学校に通う道路の安全対策。通学路と同一路線において、通行車両に注意喚起する必要がある箇所への安全のみどり線の設置状況を確認、必要性を訴えました。通学路以外の道路については、通学路を優先して実施しているため対策が進んでいないが、今後、同一路線で新設や修繕と同時に施工できる道路については、通学路以外でも準じた対応をしていくことを確認しました。

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
みよし市 青木直人
komeimiyoshi.naoto@gmail.com