Twitter
松浦市議の活動カレンダー
2018年9月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
外部リンク
サイト管理者
宮津市 松浦登美義
mti@gold.ocn.ne.jp
宮津中学校卒業式さわやかなあたたかい春の光に包まれた今日、
宮津中学校の卒業式が執り行われました。
 
卒業生71名の皆さんおめでとうございます。
明日からは、それぞれの道を歩まれます。
今日のたくましく成長された姿をみて
これからの宮津の将来を考え
嬉しく帰ってきました。

祝    辞

宮津市立宮津小学校の新校舎が完成し、竣工式が挙行されるに当たり、市議会を代表して一言お祝いの言葉を申し上げます。

昭和35年に建設されました宮津小学校北校舎は、地域の皆様に長年親しまれ、多くの卒業生を輩出してきました。

しかしながら、建設から58年が経過し老朽化する中で、現在の教育内容に対応するより良い学習環境の改善を図り、耐震性の課題にも対応するため、早期の改築が望まれていました。

そしてこの度、このような素晴らしい校舎の竣工となりました。

新校舎の建設に当たっては、「宮津小学校校舎改築等検討委員会」において、様々な観点から検討がなされ、これらの検討結果を活かすとともに、子ども・子育て支援新制度の下での放課後児童クラブもあわせて配置した「宮津のシンボル的な校舎」として建設が進められてきました。

新校舎は、宮津の町屋の趣向を凝らした、宮津の歴史や伝統を感じさせる外観で、内装には地元、上宮津杉をはじめ京都府内産の木材がふんだんに使われ、やわらかさと温もりがあふれる学習空間となっております。

さらに、各教室のエアコンの完備、トイレの洋式化、多目的ホールの設置、使いやすい特別教室の配置などとなっており、子供たちは快適に生き生きと成長していってくれることを期待しています。

また、本校舎の完成に伴って、待ち望まれていました市内小中学校の校舎耐震化率が100パーセントを達成することとなり、学校施設の安全確保が図られました。

今後、北校舎の解体撤去、跡地整備等が進められますが、卒業する6年生に新校舎で少しでも早く授業を受けていただけるようにとの配慮から、1月末から使用できることとなりました。

工事中は不便もあったことと思いますが、子供たちはもとより、先生をはじめ、PTA並びに地域の皆さんには、新しく建て変わった校舎での教育活動ができますことを大変喜んでいただけるものと思っております。

また、この新校舎の工事施工にご参画いただきました工事関係の皆さんには、工事期間中無事故で、このように見事完成されましたことに、心から感謝の意を表する次第でございます。

結びに、「教育は人間のためにある。そして、幸福と平和のためにある。」と言われます。歴史と伝統ある宮津小学校の児童がこの素晴らしい校舎で学び、世界のリーダーとして大きく羽ばたかれ、活躍されることを祈念しますとともに、末永く地域の皆様に愛される学校になりますことをお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。

 

平成30年1月22日

宮津市議会議長  松浦 登美義

 

20180107 031成人式祝  辞

皆さん、成人おめでとうございます。

宮津市議会を代表し、一言お祝いを申し上げます。

本日ご出席の皆さんが、心身ともに健やかに成長され、頼もしい新成人となられましたことを心からお祝い申し上げます。

これからは、法律的にも一人の大人として、責任ある行動が求められます。その厳粛な第一歩を、新たな決意で、力強く踏み出していただきたいと願っております。

さて、我が国においては、人口の減少、少子高齢化が進展しています。経済はゆるやかに回復しているといわれていますが、地方にまで充分回復しているとは言いがたく、更に地方創生を推し進めなければなりません。

こうした時代をこれから切り開かれる成人された皆さんに、

桜梅桃李という言葉を贈りたいと思います。桜は桜、梅は梅、それぞれにすばらしい特性を持っています。そのように、お一人お一人の自身の可能性を信じ「自分らしく」社会がどのように変化しようと、時には壁にぶつかることがあると思いますが、大きく成長できるチャンスと捉え、楽しく乗り越えて、素敵な自分自身のドラマと歴史を築いていってください。

本市においては、昨年8月道の駅に「おさかなキッチンみやづ」が、また、11月には宮津阪急ビル内に「宮津市福祉・教育総合プラザ」がオープンし、本市にとって大きな魅力の一つとなり、宮津市の情報発信源になってまいりました。

さらに、これから整備される島崎公園とあわせ、浜町エリア全体が地域振興拠点として、ますます賑わいを生み出し、宮津の発展につながっていくものと期待しているところであります。

これからの宮津をもっともっと良くしていただくのは皆さん方です。生まれ育ったふるさと宮津に誇りと愛着を持ち、新しい時代の宮津市を、そして日本を、皆さんの手で情熱を持って構築していただきたいと思います。

さらに、皆さんには、本日の成人式を契機として、宮津市の政策や市議会の活動状況についても認識を深めていただきたいと思います。

2月末には、宮津市議会定例会が開会となり、平成30年度の当初予算(案)を審議していきますので、是非、議会の傍聴にお越しください。お待ちしております。

結びにあたり、これからの時代を担っていただく皆さんお一人おひとりが、大きな志と希望を持ってご活躍をされますことを、心からご期待申し上げ、お祝いの言葉といたします。

本日は、誠におめでとうございます。

 

平成30年1月7日

宮津市議会議長 松浦 登美義

 

20180107 075 消防出初式


    

 明けましておめでとうございます。

輝かしい平成30年の新春を飾る「宮津市消防出初式」が盛大に挙行されるにあたり、市議会を代表し一言お祝いを申しあげます。

消防団を始め、自衛消防隊、消防組合の皆様におかれましては、日頃から、市民の生命・財産を守るという崇高な消防精神と強い責任感の下、日夜、献身的な活動を続けていただいており、そのご労苦に対し、心から敬意と感謝の意を表する次第であります。

また、ただ今、京都府消防協会長表彰、市長表彰などの定例表彰をお受けになられました皆様に心からお祝いを申し上げます。

皆様は、永年にわたり、ご家族のご理解とご支援のもとに、消防人としての高い誇りと使命感を持って、本市の消防業務にご尽力され、その活躍が認められて本日の栄誉に輝かれました。この表彰を機会に、今後とも一層のご支援・ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。

さて、昨年を振り返りますと、9月、10月に台風18号、21号が相次いで襲来し、河川の氾濫による床上浸水をはじめ、土砂災害、農地への土砂流入など当地域においても甚大な被害をもたらせました。一日も早い復旧を心からお祈り申し上げる次第でございます。

今年こそ災害0の平穏な一年でありますことを、心から祈念するものであります。

府北部各地では、人口減や高齢化などで消防団員が減少しており、本市においても消防団を取り巻く環境は厳しいものがありますが、どうか今後とも、日頃の訓練の成果をあらゆる場面にも発揮され、市民の皆さんの信頼に応えていただきますようお願い申し上げる次第であります。

市議会といたしましても、昨年、総務文教委員会において、「消防団と自主防災について」をテーマに所管事務調査を行い、調査研究を実施してまいりました。

今後とも、市民生活の安心安全と災害に強いまちづくりを目指して努力して参りますので、皆様方におかれましても格別のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

結びにあたり、消防団、自衛消防隊、消防組合の益々のご発展と本日ご参加いただいた皆様のご健勝、ご多幸をご祈念申し上げ、お祝いの言葉とさせていただきます。

 

平成30年1月7日

宮津市議会議長 松浦 登美義

皆様、新年明けましておめでとうございます。

宮津市新年賀詞交歓会が開催されるにあたり、市議会を代表して一言、お祝いのごあいさつを申し上げます。

皆様方におかれましては、希望に満ちた平成30年の新春を迎えられましたことに、まずもってお喜びを申し上げます。

旧年中は、皆様方から格別のご支援、ご協力を賜りまして、議会活動に精励(せいれい)できましたこと、心からお礼申し上げる次第であります。

昨年は、目に見えて、宮津市は大きく動き出した変化の年でした。

8月には、道の駅におさかなキッチン宮津のオープン。

11月27日には、いい船出をしました、

宮津阪急ビル内に「宮津市福祉・教育総合プラザ」がオープンし、子育て支援の充実、にっこりあ、図書館の移転、宮津市の情報発信源になってまいりました。

子供たちの声や、勉強する姿が見えるようになりました。

また、災害にも見舞われました。

台風18号 台風21号での甚大な被害をもたらしました。

また、政治においては、 衆議院議員。を宮津から輩出 宮津市議会から初めて府会議員が誕生するなど宮津の新しい流れができた年でもありました。

議会におきましても、 市長に、初めて提言を行った所管事務調査や議会活性化特別委員会において宮津市の議会像や議員像をもさくしてできるところから改革をしてきたところであります。

今年は、戌年でありますが、私も年男であります。

そして、今年は、市長・議会の改選期でもあります。

新しい時代の更なる始まりであります。

やっと動き出した宮津市を更に、地消地産をもとに観光を基軸としたまちづくりで経済の循環。

そして、宮津小学校の完成、にっこりあを活用した教育・福祉の充実、

防災拠点施設完成により災害に強い安心安全なまちづくりなど宮津市に住んでよかったと思える

宮津の幸福度NO1を目指して進めていきます。

議会といたしましても、昨年12月にこれからの宮津市議会を考える会の皆さんから議員定数についての要望もいただいたところであります。議会活性化 特別委員会でパブリックコメントや議会懇談会等でも意見交換させて頂き判断していきます。

ご意見いただけましたら幸いです。

二元代表制の一翼を担う宮津市議会の議会像、議員像をしっかり持って改革を推し進めて市民の皆様の信頼と笑顔っが広がる宮津市になるよう全力でとりくむ決意であります。皆様方のこの上ともの、ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げる次第であります。

結びにあたり、本年が宮津市にとりましても皆様お一人お一人におかれましても、栄え輝く年となりますことをお祈り申し上げ、年頭にあたりましてのお祝いの言葉とさせていただきます。

平成30年1月4日  宮津市議会議長   松浦登美義
20180104 021賀詞交歓会

    

宮津市福祉・教育総合プラザの開所式が盛大に開催されるに当たり、市議会を代表して一言お祝いの言葉を申し上げます。

本日ここに、市民の皆様が待ち望んでおられました「宮津市福祉・教育総合プラザ」が、このように立派に完成し、開所式が挙行(きょこう)されるに至りましたことを、心からお喜び申し上げます。

この総合プラザは、老朽化と狭隘化が著しかった市立図書館をはじめ、子育て支援センター、島崎げんきっこひろば、常設化が望まれていたペップキッズガーデンなど分散していた施設を、ここ宮津阪急ビル3階、4階に集約され、あわせて、市役所の健康福祉部と教育委員会も移転され、市民の健康・福祉の増進と教育・文化の振興を図る素晴らしい多機能施設として生まれ変わりました。

図書館においては、今までの約4倍の面積で広く明るくなり、寄贈いただいた児童書をはじめ、新刊図書を拡充され、前尾記念文庫の蔵書の一部も移設されるなど、地域の知の拠点として充実を図ることとされました。

また、公募により訪れた親子がにっこり笑顔になれるように「にっこりあ」と名付けられた子育て支援センターについては、子育ての様々な相談に応じるため、新たに子育て支援専門員を配置されるなど、安心して子どもを生み育てる環境づくりに向かっていくものと大いに期待されるところであります。

議会といたしましても、当事業に対し高い評価と支持をするとともに、一日も早い開設を待ち望んでいたところであります。

今後は、駐車スペースも近く広くなったことにより、子どもからお年寄りまで、便利で身近な施設として大いに利用していただき、市民の皆さんに末永く愛されるプラザとなることを強く願っております。

さらに、この総合プラザが、宮津市にとって大きな魅力の発信源となり、近接するみやづ歴史の館、島崎公園のもつ複合的な機能とが一層の相乗効果を発揮し、はままちエリア全体が宮津の賑わいづくりを創出していくことを強く願っております。

結びにあたり、本プラザの竣工に多大なるご支援・ご尽力を賜りました関係者の皆様に対し、深甚なる謝意を表しますとともに、ご参会の皆様の益々のご健勝・ご多幸をお祈りしまして、お祝いの言葉と致します。

 

平成29年11月27日

宮津市議会議長  松浦 登美義

 

 

20171127 147福祉教育総合プラザ開所式

img_0026_3.jpg img_0029_3.jpg

桜の花も咲き始め爽やかな本日、新校舎建設の土音と共に、平成29年宮津小学校入学式が執り行われ出席しました。新1年生の初々しさに、これから大きく育つ姿を思うと楽しみに感じ、1日1日元気いっぱい全てに挑戦して頂き学んで下さい。入学おめでとうございます。iPhoneから送信

龍谷大学政策学部教授

土山希美枝先生をお招きして

宮津市議会議員研修を実施。

質問力を高め議会力に活かす。

1月に実施予定でしたが、

あいにくの大雪になり

中止をしていました。

宮津市議会3月定例会

前に実施でき大変に良かったです。

明日からの議会で研修の成果が発揮できるものと確信しています。

 

 

滝100選にも選ばれている金引の滝の、地元自治会での清掃活動に参加しました。

近年、金引の滝観光の方が増えています。

清掃中も、岡山からのカメラマンの方数名が滝の写真を撮られていました。

栃木から来られた女性グループの方は、昨日は、天の橋立を観光されたようです。

夏の金引の滝は少しひんやりとして

滝は雄大でいいですね。 午前中、いい汗をかかせて頂きました。

KC4D0101

松浦さん③待ちに待った京都縦貫自動車道

7月18日午後2時全線開通いたしました。

午前中、予定されておりました、京都縦貫自動車道開通式典は、台風11号の影響で残念ですが中止となりました。

午後からは、本日から始まる、京都府北部7市町の歴史、文化、海・まちの魅力。また、地元特産品の全国発信するイベント「海の京都博~さあ、知と遊の冒険へ~」の開会式が行われ出席しました。

期間7月18日~ 11月15日までです。

丹後の魅力を味わいに来てください。!
松浦さん②