menu

5月10日、「今地域に求められる精神対話士によるメンタルケアの役割と、その効果について」の講演会に参加したした。以前何年か前にも、衆議院会館で、受けた講演会でしたが、忙しさにかまけて置き去りにしていた課題でした。
何が一番大事かー。ただ、ただひたすら聴く、聴いていく。伝えたい事、モヤモヤしているものを聴きだす。それが精神対話士。聴くプロです。
行政のアウトリーチ体制も必要だ。
ひきこもり、高齢者、妊産婦、精神疾患患者、高齢者、障害者の家族、介護職員、遺族、被災者、対話の対象はたくさんある。
一般財団法人メンタルケア協会が養成している。

できることは、やっていきたい。IMG_0949

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
宮代町 角野由紀子
y.kadono@adagio.ocn.ne.jp