menu

令和元年11月11日(月)市民都市常任委員会視察第1日目は、「富山市の食品ロス対策について」を視察しました。
消費生活センターが主体となり、家庭や外食時の食べ残し減らすことを目的として「おいしいとやま食べきり運動」を展開。料理を食べきる意識付けの一環として、外食時に市民及び協力店(508店舗)に対し、食べ残した料理を持ち帰りやすくする雰囲気づくり、ドギーバックの普及促進、さらに、協力店におけるお持ち帰り用パックの配布などを行っている。平成21年12月から普及啓発を実施、生ゴミの処理量の削減に繋がっているようである。
富山市内を一望できる市役所最上階の展望では、虹が歓迎してくれました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp