menu
バックナンバー 2018年 5月

平成30年5月29日(火)会派視察第2日目は仙台市「新たな学校防災教育の取り組み」について視察を行いました。東日本大震災以降、特に、平成28年度からは「仙台版」防災教育として推進、「自助・共助力を備えた児童・生徒」をあるべき姿とし、学校教育に加え、家庭・地域・関係機関との連携・協力・情報交換を行いながら、知識・技能・態度の3つの「防災対応力」の育成に努めている。さらに、防災教育の充実を図るため発達段階を配慮した「仙台版防災教育副読本」の作成、一部小学校での科目化、一部中学校区での総合防災訓練の実施等を行っている。
また、継続的な防災教育や防災訓練等を通じて、風化させないことも主要目的の一つとしているが、主体性や人格の形成など副次効果に繋がっていることは特筆される。仙台版防災教育は、先進的な取り組みであることに加えて、絶えず進化しており、しっかり学んでいきたい。

平成30年5月28日(月)行政視察第1日目は、宮城県亘理町で「震災復興と防災・減災の取り組みについて」を視察しました。「東日本大震災を風化させず次世代に伝え、自分の町は、自分で守る」との信念で復興に取り組んでいる。最初に、東日本大震災発災直後の生々しい映像に改めて大きな衝撃を受けた。防災・減災対策、復興状況について、ハード面では、荒浜地区へ赴き、二段構えの防潮堤や屋上避難を意識した外側階段の設置等学校施設の建替、防災公園の避難丘整備等、着実な復興を確認した。仮庁舎については、仮設住宅があった場所に建築中で、2019年度中に完成予定となっている。また、ソフト面では、4つの地区ごとに地域特性に応じた防災訓練や実働型の学校教育が行われるなど工夫がみられた。今後の課題としては、地震・津波以外のゲリラ豪雨等、多様な自然災害対策、防災減災意識の維持向上、高齢化率約30%となっている高齢化対策を挙げでいた。視察を通じて、改めて、自助・共助・公助の連携の重要性を実感したが、発災直後から復興への取り組みに敬意を表したい。

JR高槻駅北口バスターミナルで朝の挨拶を行いました(NO.358)。曇天で蒸し暑い朝でした。今日から2日間、会派視察で、宮城県亘理町、仙台市へ視察に行ってまいります。
また、本日付公明新聞7面に、高槻市公明党議員団として市に対して後押しをしてきた小学校の校庭を活用した雨水流出抑制施設の記事が掲載されました。

平成30年5月27日(日)13時30分から芥川東部会館で市政報告会(NO.4)を行いました。猛暑の中、ご参加いただき誠に有難うございました。ご頂戴した、ご意見、ご要望にしっかり取り組んでまいります。

平成30年5月27日(日)朝からJR高槻駅北口デッキで街頭演説を行いました。今回の#公明党一斉街頭のテーマである「働き方改革」、また、「100万人訪問調査運動」の取り組みを中心に訴えました。駅改札口付近は、クラブ活動に向かう多くの中高生で活気付いてました。今日も熱中症対策が必要ですね。

平成30年5月26日(土)午前10時から「南平台日吉台線自転車道開通式典」が行われました。全国でも数例しか無く、大阪府下初の「一方通行規制」の自転車道です。オープンニングセレモニーでは、地元幼稚園の園児による歌や踊りです大いに盛り上がり、式典後には、高槻警察署による自転車安全講習なども行われました。

JR高槻駅北口バスターミナルで朝の挨拶を行いました(NO.357)。
真夏日が予想される暑い朝です。
昨日は、高槻市弓道連盟(古閑会長)から、弓道場新設の要望を受けました。
27日(日)は市政報告会、28日、29日は会派で亘理町と仙台市を視察しますので、しっかり取り組んでまいります。

JR高槻駅北口バスターミナルで朝の挨拶を行いました(NO.356)。今朝は生憎の雨で、駅まで車での送迎が多かったため、バスの運行に影響が出ていたようです。明日は、6月議会からレクが始まります。6月議会に向けてしっかり取り組んでまいります。

今週もJR高槻駅北口バスターミナルでの朝の挨拶からスタートしました(NO.355)。日の出が早くなり、開始時点から陽射しが強く、眩しい朝でした。市政報告会は、あと2回、5月27日、6月10日に行いますが、100万人訪問調査運動とあわせしっかり取り組んでまいります。

平成30年5月20日(日)午前、松が丘自治会館、午後、日吉台しんわ会館で、市政報告会を行いました。林府会議員からは、公明党、大阪府政の取り組みについて報告がありました。たくさんの参加をいただき、貴重なご意見やご要望ありがとうございました。皆さまの声を形にしてまいります。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp