menu
バックナンバー 2017年 11月

平成29年11月11日(土)午前、公明党大阪府本部で議員総会が行われました。昨日の党本部での県代表協議会を受けて、衆院選のため一時的にストップしていた行事日程について打ち出しがありました。また、衆院選の総括を受け、今後、公明党らしさを発揮するためには、日常活動や議員力アップが重要となります。本日の総会は、12年に一度同一年に行われる2019年の統一地方選、参議院選に向けたスタートの総会となりましたが、初心原点に立ち返り、決意新たに頑張ってまいります。

JR高槻駅北口バスターミナルで朝の挨拶を行いました。晴天ですが、体の芯まで冷える寒さでした。11月は児童虐待防止推進月間です。高槻市でも児童虐待防止推進月間にあわせて「オレンジリボンキャンペーン」を実施し、児童虐待防止に向けた広報・啓発活動に取り組んでいます。厚生労働省が決定した平成29年度児童虐待防止月間の標語は、「いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声」です。いちはやく「189」は、児童虐待の相談や通告を24時間受け付ける共通ダイヤルで、かけると近くの児童相談所につながります‼️

JR高槻駅北口バスターミナルで朝の挨拶を行いました。小雨が降っていましたが、寒さは幾分か和らぎました。大きなカバンを持ったたくさんの小学生を見かけました。修学旅行で広島へ行くそうです。今週の視察の際にも、熊本駅や広島駅で修学旅行の小学生を見かけましたので今が修学旅行シーズンのようです‼️

平成29年11月7日(火)高槻市国民健康保険運営協議会行政視察第2日目は、広島県呉市の「糖尿病重症化予防の取組み等について」視察しました。同市の高齢化率は日本一高いが(同規模自治体レベル)、3箇所の大規模病院の存在など医療環境に恵まれていたことから、「高齢化先進都市」をスローガンに医療費適正化に向けた取組みを全国に先駆け開始した。具体の成果として、レセプトデータを積極的に活用した、ジェネリック使用促進やレセプト点検の効率化による医療費等の削減や、糖尿病性腎症等重症化予防事業では、医師会などと連携を図り予防プログラムを作成したうえで、腎症ステージに応じたアプローチを行い、プログラム参加者の症状の維持・改善を図っている。また、3師会と連携しながら、主治医主導による生活習慣病の発症予防や重症化予防にも取組んでいる。さらに、平成30年度からは裾野を広げ、介護予防プロジェクトに着手する予定である。目標が明確なことから、庁内の意思統一や関係諸団体との連携が図られ、効率的な体制の確立と機能的な組織運営が可能となっており大変参考になりました。

平成29年11月6日(月)高槻市国民健康保険運営協議会行政視察第1日目は、熊本市の慢性腎臓病対策について視察を行いました。人工透析導入者数は人口比で全国平均の1.47倍、新規透析導入者は年間295人に上っていたとこから、平成30年度目標全国平均並みと新規導入者200人を目指し、平成20年から慢性腎臓病対策を開始した。啓発・早期発見、発症予防・進行抑制、悪化防止、推進体制の整備を4本柱に、医師会、熊本大学他多職種と連携・協力を得るなど多様なネットワークによる推進体制を構築、課題に取組み一定の効果をあげている。
また、案内していただいた市庁舎14階から、熊本城の着実な復旧状況を確認することができました。参考になりました。

今週もJR高槻駅北口バスターミナルでの挨拶からスタートしました。明日7日は暦のうえで立冬ですが、今朝も冬を感じさせる寒さでした。今日から2日間、高槻市国民健康保険運営協議会の行政視察で、熊本市と広島県呉市へ行ってまいります。

平成29年11月5日(日)午前、清水台第一公園で、地元の松が丘自治会の防災訓練が行われました。今回が8回目の訓練ですが、自治会加入世帯の約4分の1に当たる約170世帯が参加しました。終了後、NPO法人LSOによる耐震説明会「高槻市で予想される大地震と木造住宅の具体的な耐震診断と補強方法について」と「高槻市の補助制度について」が行われました。災害は、免れることはできませんが、被害を最小限に留めるためには、避難訓練や事前準備など日頃の努力が重要ですね‼️

平成29年11月3日(祝)快晴の中、樫田小学校や支所に家族連れなど約180人が集い、樫田連合自治会主催の文化祭が行われました。樫田支所には、小学生から92歳の婦人による絵画、書、生け花、手芸などの作品が展示され、また、小学校の校庭では、地元産の素材を使用した、豚汁やおにぎりに舌鼓をうちながら、ビンゴなどのイベントを楽しみました。家族的な雰囲気で楽しい文化祭でした‼️

平成29年11月3日(祝)9時45分から生涯教育センターで平成29年度文化の日記念式典が行われました。市や市教育委員会が、市政、文化、教育の発展に大いに貢献した人、団体を讃えるもので、133人、35団体が表彰されました。最後に、ピアノ演奏・ソプラノ歌唱が披露され式典に花を添えました。受賞者の皆様誠におめでとうございました。

平成29年11月2日(木)総務消防委員会行政視察第2日目は、新潟県長岡市で「災害時の中山間地における孤立集落対策について」視察しました。平成16年に発生した「中越大地震」以後、10市町村を合併により編入、「日本一災害に強い都市を目指して」をスローガンに防災体制の強化に取組んでいる。中越大地震など過去の災害を教訓にし、合併により広範囲なとなったエリア全体の網羅的でタイムリーな災害情報収集・発信、避難者目線での避難所環境の整備・運営や地域防災の担い手づくりなどに努め、防災力向上に取組んでいる。また、平成24年には、市役所内に災害対策本部会議室を設置し、災害対策本部機能を強化を図った。過去の教訓を活かしたきめ細かな防災力向上の取組みに学ぶべき内容がたくさんありました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp