menu

森田実著「防災・減災に資する国土強靭化政策が日本を救う!」を読了した。著者は、非新自由主義に代わる修正資本主義の経済理論を基本に「公共事業必要論」等の社会資本整備に関する著書を出版し、公共事業の必要性を訴えてきた。本書では、日本各地の現場に赴き、自然災害対策に加え地方創生に繋がる防災・減災に頑張っている政治家、建設・土木などの担い手の姿や声などを幅広く紹介している。特に、著者の「社会資本の整備のための公共事業は広い意味での福祉と考えるべきである。雇用の増進にも貢献します。」には首肯できる。大晦日に、素晴らしい本に出会え良かったです。
皆さん、良いお年をお迎えください。明年もよろしくお願いします。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp