menu
バックナンバー 2011年 12月

朝から井の頭公園の清掃ボランティアのお手伝いをしました。風もありだいぶ葉も落ちていますが、まだ、紅葉も残っています。

今回は、「 空き家、空き室、空き店舗対策について」と、「 スポーツ振興について」質問いたしました。

質問骨子
1.空き家・空き室・き店舗対策について
(1) 空き家などの把握状況について
ア 外部不経済をもたらす土地利用の管理水準の低下した空き家や、廃屋、廃墟などの件数および空き家率の現状について、伺う。
イ 空き家におけるネズミの大量発生やごみ屋敷化した家等、防犯、防災、衛生面で、非常に不安であるとの声がある。基本的には、地元地域での対応ということだが、他人の家に何かをするということは、地域の交流が進んでいないと大変難しい。市内における空き家・廃屋での不審者、不審火やネズミや猫の大量発生、ごみ屋敷化情報など、市としてどのくらい把握をされているのか、伺う。
(2)空き家等の適正管理に関する条例について
ア 空き家等の所有者の責務、空き家等の適正管理や、この実態調査および適正管理措置、これに助言、指導、勧告、命令、公表など、さらに警察、その他、関係機関との連携などを定めた、先進自治体の取り組みを参考として、独自の要綱を設けて、防犯や防災の観点から条例化の検討を前倒しで進めるべきと思うが、ご所見を伺う。
(3) 空き家・空き室・空き店舗それぞれの利活用及び対策について
ア 会派として、空き家利用によるグループホーム、ケアハウスの誘致、空き室利用による小規模多機能介護施設や小規模多機能保育室の誘致、空き店舗のおいては、障がい者施設で作ったお菓子や惣菜等のアンテナショップ利用等提案してきた。検討するとのご答弁もいただいているが、第4次基本計画や個別計画にしっかり落として取り組むべきだと考える。空き家・空き室・空き店舗それぞれの利活用、対策についてのご所見を伺う。
イ 空き家対策として、甲斐市など各市町村では空き家バンク制度という制度を用いているところがある。市としての考えを、伺う。
(4) 空き地や空き家活用支援事業について
ア 空き地・空き家の有効活用を図り、賑わいの創出と地域商業の振興を図るため、駅前や商店街での各種商品、小売業等の店舗創業者に対し、補助金を交付するなどの先進地の取り組みを参考に、高齢化社会の模範となる市として、さらに市街地景観の観点からも早急にこの実現に向けて取り組むべきと思うが、ご所見を伺う。
2.スポーツ振興について
(1)小・中学校における部活動について
ア 三鷹市においても以前は、指導できる教員がいないために、廃部になってしまった学校がいくつかあった。私もやっていた卓球部も今はなくなってしまった学校もある。現在、指導教員がいないために、廃部になってしまっている部はないのか、伺う
イ 指導教員がいなくても外部指導員のおかげで、継続できている部はどのくらいあるのか、伺う。
ウ 東京都は、昨年6月、部活動や授業の充実を図りたい学校側と、活動の場を探している学校外の人材との橋渡しを行う「人材バンク」を設立した。三鷹市では利用がないとことだが、地域の方や関連団体の外部指導員で質・量とも十分足りているのか、伺う。
エ 今後「人材バンク」利用の検討はされるのか、伺う。
(2)中学生の硬式野球について
ア 野川グランドでしか練習できない硬式野球チームに、ある程度ホームグランドとして使用させることも必要と考える。ご所見を伺う。
イ 硬式野球のため、危険が多くそれなりの設備が必要になるが、十分な良質な砂の補充やネット整備、放水設備等なかなかできていない状態ある。三鷹の名前を背負っていろいろの大会で頑張っている両チームの健闘を願うと共に、できる限り良い状態のグランドで思う存分練習できる環境を作るべきだと考える。ご見解を伺う。
ウ 海外と比較して、たとえばGDP比で、フランスは我が国の3.4倍、イギリスが3倍、隣の韓国は2.8倍のスポーツ関係予算を確保している。市としてスポーツ予算を確保すると共に、都や国への働きを一層強めていただきたい。ご所見を伺う。

 

カレンダー
2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Twitter
公明党広報
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
外部リンク
アーカイブ
サイト管理者
三鷹市 寺井均
hterai@amber.plala.or.jp