Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者

妊婦健康診査の公費負担が14回に拡充

 妊婦検診は母体と胎児の状態を把握する大事な検査です。しかし、妊婦健康診査には1回で数千円から1万円もかかり、出産までに約14回必要とされ、総額では約12万円になります。また、これまで親元等で出産する里帰り妊婦健康診査には公費負担がありませんでした。これらのことから、安心して出産できるように定例議会での一般質問等で強く主張し続けました。この結果、公費負担を2回から5回に、そして現在14回となり、里帰り妊婦健康診査も助成が認められるようになりました。さらに、超音波検査の年齢枠の撤廃を進めてまいります。

コメントは受付けていません。