三鷹市議会議員 かすや稔のホームページ

11月14日、会派視察2日目

未分類 / 2019年11月15日

image0_16.jpeg
image1_15.jpeg
image2_15.jpeg
image3_13.jpeg
image4_10.jpeg

20191114

本日は、会派視察2日目、大阪梅北再開発を視察ささて頂きました。梅田駅北側、旧JRの広大な土地を12の企業が関わられる事業。
既に開発が完了したグランフロント大阪のオフィスにて企業担当者様よりシテイマネージメントに関するお話しを伺いました。
グランフロント大阪と同様に、広大な7ヘクタールの土地に、店舗、オフィス、高層住宅の建設、公園の整備が予定されています。

大阪駅の再開発を機に始まった梅北前期開発。その際にもスカイビル建設直後の状況を見学させて頂きました。
昨年の台風では、スカイビル、グランフロント大阪もガラスの破損や緑地の倒木等の被害があったとの事です。
淀川に近く、南海トラフ地震等、災害への備えを兼ねた再開発事業を推進されていますが、地下水脈が比較的に高い事が難しい課題という事です。
梅田は、一説では、田を埋めた事に由来されるとされ、水路が多い地域であったとの事です。

現在、JRの地下化工事が進んでおり、新大阪、大阪、関空も結ばれ、大阪万博までに開発が完了するかが微妙な様です。インバウンドによる宿泊施設、特に高級ホテルの不足が顕著との事でした。

従来は、大阪御堂筋付近に集約されていたオフィスエリアも梅田北周辺に集約化が進んでいる様です。
グランフロント大阪エリアでは約2万人の方々が働き、併せて16万人の来場を数え、週末は歩くのも難しいほど人で溢れるとの事でした。
グランフロントの広い吹き抜けのイベントホールでは大相撲も披露され人気との事です。
再開発の整備工事完了が楽しみです。