三鷹市議会議員 かすや稔のホームページ

30日、明日から第3回定例会、三鷹市老人クラブ連合会様と 懇談

未分類 / 2017年8月30日

image1_11.jpg image2_10.jpg

本日は、朝から市役所にて明日から始まる三鷹市議会第3回定例会での準備作業。明日、31日の夕方から会派3名の一般質問となり、私が最後の質問者で登壇します。また、28年度の決算審査があり、後日ですが特別委員会設置前に各会派の決算代表質問があり、こちらでも質問に立つ予定。今日は会派の質問項目の抽出及び文案の整理、原稿作成です。
毎回、会派全員の協力で仕上げています。
午後からは、三鷹市老人クラブ連合会の方々と懇談をさせて頂きました。日々の活動でのご苦労や取り組みについてお話しを伺いました。ありがとうございます。

8月25日、三鷹商工会様との懇談、同期会

未分類 / 2017年8月25日

image1_10.jpg image2_9.jpg image3_9.jpg image4_7.jpg

本日は午前に三鷹中に、三鷹商工会の皆様と懇談、様々な課題についてお伺いしました。夕方からは市議会の同期会で三鷹市観光ガイド協会の推進する太宰治ゆかりの場所を廻る事業を体験させて頂きました。 ガイド協会でご活躍頂いている小谷野さんに太宰治ゆかりの場所をご案内頂きました。市議会の超党派同期メンバーで毎議会ごとに勉強会を開催しています。文学者・太宰治が生きたまち三鷹、すばらしい地域資源を活用して活性化を進めたいと思います。

 

8月23、24日。来客、調査他、議会モードです。

未分類 / 2017年8月24日

image1_9.jpg image2_8.jpg image3_8.jpg

23日、水曜日は、市役所にて来客と種々作業。
全国B型肝炎訴訟東京原告団の伊藤さん、原告団の弁護士さんに来庁頂き、会派として、ご要望受けと懇談の機会を持たせて頂きました。沢山の資料も併せて頂きました。
国による支援が進んだ事、本当に微力ながらお力添えをさせて頂いて以来、様々な情報提供をして頂き感謝です。有難うございます。

今後は、人権教育としての肝炎患者さん、当事者による周知、教育が重要です。肝炎患者さんの努力により、医療人材育成過程での周知が進んでいます。さらなる拡充と若い世代への周知、併せて感染症の教育普及が課題です。
知らなかった事ですが、最近、若い世代にピアスや刺青を原因とされる肝炎が増えている実情をお伺いしました。

その後、来週からの定例会の為の調査、書類作成、質問骨子作成と一日控え室仕事でした。

24日、木曜日。31日からの三鷹市議会第3回定例会での一般質問の通告日。平成19年の当選から毎回の一般質問を続けています。問題提起や政策提案を含め、市民生活の向上を視点に市民相談やタウンミーティング、日々の訪問活動をはじめとしたお声を元に質問をさせて頂いています。どうすれば課題が伝わり政策や施策に繋がるか、毎回悩む項目と骨子、原稿の作成です。

今回は、三鷹の働き方改革、いじめや自殺等、子どもの相談体制の拡充に、時代の流れに合ったSNSを活用する事の提案と井口と野崎エリアで公園が閉鎖された事による三鷹市子ども林間研修広場の活用で地域の在宅子育て支援、高齢者に利用して頂き、多世代交流が図れるのでは?という観点で質問をする予定です。

尚、今回の質問は、31日の夕方から公明党として3名の議員が質問する予定です。

 

8月22日、夏季議員研修会

未分類 / 2017年8月23日

image1_8.jpg image2_7.jpg image5_3.jpg image3_7.jpg image4_6.jpg

都内にて公明党東京都本部と山梨県本部の夏季議員研修会が開催されました。冒頭、4つのテーマ別研修では、東北大学の丸谷 浩明先生による首都直下地震、都市水害へのBCPをはじめ自治体の備え等、有意義な講演と質疑応答の機会を頂きました。

山口那津男代表、太田昭宏、高木陽介、竹谷とし子各議員等はじめ23名の東京都議会議員、各区市町村議員とと共に力を合わせて政策実現を目指して参ります。

公明議員は、当然ですが、はじめは全員が政治の素人。であればこそ地域の声を頂戴し、同苦しながら課題解決に全力で取り組み中で学ばせて頂きます。解決が難しい問題にも寄り添わせて頂く姿勢で臨めば、必然的に課題解決へのキーパーソンとなる人、人々とのネットワークを築く事に繋がります。問題の指摘だけを声高らかに叫ぶのは誰にでも出来ます。問題解決の道筋を見出す努力を続ける事が中道政治と。党のロゴマークにあるように、一人の声は小さいですが、こうした声が重なり、やがては国を動かす事、要は政策に繋がるケースが大半であり、政策実現へと繋がります。民衆の太陽のような存在として、働かせて頂く事を忘れずに精進あるのみ。

8月20日、50回目の三鷹阿波踊り

未分類 / 2017年8月21日

image1_7.jpg image2_6.jpg image3_6.jpg image4_5.jpg

第50回目となる「三鷹阿波踊り」が三鷹中央通りとさくら通り駐車場特設会場を舞台に開催。
前日が激しい雷雨による中止となった為、参加されたそれぞれの連の皆さんの気合いと盛り上がり、大変に素晴らしい踊りを披露して頂きました。小さなお子さんからご長寿の皆さんまで、幅広い世代の皆様による阿波踊りです。

節目の開催となり、さくら通り駐車場特設会場でも市外の連の方々の踊り披露会場として盛り上がっていました。こうした事からか、今年は飛び入りの方々の踊りも多く感じられました。

三鷹の夏の大イベントの阿波踊りが終わると、夏の終わりを感じてしまうほど、三鷹市民の夏の恒例行事となっています。前日の雷雨による中止で商店街の皆様、役員の皆様、出演者の皆様も大変なご苦労をされた事と思われます。
少しでもと、ビール、ビール、焼きそば他・・・祭りを違うカタチでお力添えをさせて頂きました。
8月は予想外の雨天続き、きっと夏休みの子ども達もお盆休みの家族旅行にも大きな影響があったと思われます。いよいよ今月も終盤、太陽が恋しくなっており、晴天が続くと嬉しいですが。(^o^)

8月15日、終戦記念日

未分類 / 2017年8月15日

image1_6.jpg image2_5.jpg image3_5.jpg image4_4.jpg

72回目の終戦記念日。三鷹市公会堂では、三鷹市戦没者追悼式並びに平和祈念式典が開催。犠牲になられた方々へ献花。
また、式典では遺族会と市民の代表の方々より語り継ぎたいことと題し、戦争体験のお話しや戦時中の三鷹市の様子をお伺いしました。市役所の市民ホールでは長崎原爆資料館のパネル展も開催させていました。

唯一の被爆国として、世界平和への対話、外交は元より身近な地域から平和へのアクションを起こす事が大切です。三鷹市議会としても、会派、議員として、平和施策の積極的取り組みを更に推進して参ります。

 

8月12日、原町会納涼子ども祭り

未分類 / 2017年8月12日

image1_5.jpg image2_4.jpg

今日はお隣の原町会の納涼子ども祭が開催。
お囃子や地域包括の職員の方によるマジック、阿波踊り連の参加をはじめ焼そば、焼き鳥、みたらし団子、農産物の販売等で多くの地域の皆さんが参加されていました。
朝までの雨もあがり、夏の日差しの中、役員の皆様お疲れ様でした。(^o^)

その後、近隣の方々にご挨拶に伺い、様々懇談の時間を頂きました。

 

8月5、6日。町会納涼盆踊り大会

未分類 / 2017年8月7日

image1_3.jpg image2_2.jpg image3_3.jpg image4_3.jpg

5日、6日と地元町会の納涼盆踊り大会が開催。
町会の皆様のご尽力の元、大変に盛り上がりました。お疲れ様でした。
今年も姪2人の子ども達もはるばる来て参加。
踊ったり、クジ引きしたり、焼きそば、焼き鳥、たこ焼き、綿あめと楽しい時間を満喫。

 

8月6日、三鷹青年会議所の皆様と・・・

未分類 / 2017年8月7日

image1_4.jpg image2_3.jpg image3_4.jpg

本日は、三鷹青年会議所の皆さんのALL三鷹例会にお招き頂き、「〜三鷹の見る夢。夢は三鷹を変える!〜」と題して青年会議所の皆様が行なった市民アンケートを基に、三鷹に足りない所、三鷹が誇れる所の市民意見から、これからどういった取り組みやイベントが出来るのか?という興味深いワークショップ形式の検討、発表を行う企画に参加させて頂きました。三鷹商工会の若手の皆様、JA東京むさしの青年の皆様も共にディスカッション。
有意義な機会でした。ありがとうございました。

市議会からは、寺井、大倉、渥美、高谷の各議員さんと共にそれぞれのグループディスカッションに参加。写真も高谷、大倉議員さんから頂きました。ありがとうございます。

そのまま町会の納涼盆踊り大会2日目に。
今日はやや踊子さんが少ない様ですが、徐々に人が増えてきました。今夜は、お祭りシーズン恒例の「焼そば」晩ご飯になりそうです。(^o^)

昨夜、今日と近くの味の素スタジアムから歓声が・・・ももクロちゃん?みたいですね。

 

夏、様々な団体の皆様との懇談会

未分類 / 2017年8月5日

image1_2.jpg image2.jpg image3_2.jpg image4_2.jpg image5_2.jpg image6.jpg

全ての写真ではありませんが、毎年夏から秋にかけて恒例の会派として様々な団体の皆様との懇談会を開催させて頂いております。
皆様の活動やお仕事における課題、問題をお伺いし、国政や都政は元より、市政に反映させるべく取り組んでおります。お忙しい中、ありがとうございます。