三鷹市議会議員 かすや稔のホームページ

2月27日、市議会第1回定例会で一般質問

未分類 / 2017年2月27日

image1_10.jpg

2月24日から市議会定例会が始まりました。
2月27日、月曜日に三鷹市議会での一般質問を行なわせて頂きました。今回は、高齢者の安全安心施策について、今後の国際交流についての2点にわたり質問、提案しました。

 

2月22日、スポーツと文化財団評議員会他

未分類 / 2017年2月23日

image1_9.jpg image3_2.jpg image2_6.jpg

三鷹市芸術文化センターにて、公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団の評議員会に出席。29年度の事業及び予算についての審議でした。
三鷹市美術連盟の皆様の作品展が開催されており、暫し鑑賞させて頂きました。力作揃いで、改めて芸術分野でも市民力の高さを感じました。
じっくりという訳にもいかず、短時間での鑑賞でした。(°▽°)ありがとうございます。
いつかこうした趣味を持ちたいものです。

夜は、商工会商業部会の新春の集いに参加させて頂きました。

 

2月15日、駅頭他、北多摩第三支部

未分類 / 2017年2月16日

image1_7.jpg image2_4.jpg

本日は、三鷹駅でのご挨拶からスタート。赤松議員と共に、都議会公明党の身を切る改革や今月末から始まる平成29年三鷹市議会第1回定例会へ向けての市議会の報告、会派としての実績等、お訴えさせて頂きました。
まだまだ寒い朝、春が待ちどおしいです。
また、昨夜は北多摩第三支部(調布・狛江)の新春の集いに参加させて頂きました。総支部長である中島よしお都議会議員の決意、ご挨拶も明瞭で分かりやすいもの。見習いたいです。

本日は、一般質問の通告に向けて骨子、原稿の作成に勤しみます。どのように起承転結、メリハリつけて課題を伝えられ、解消に向けた施策の必要性を強調出来るか・・・。
論文作成や作家の如く?・・しかも夢のあるまちづくりとするか、毎回の悩みです。

 

2月14日、子育て中の皆様と

未分類 / 2017年2月14日

image1_6.jpg image2_3.jpg

本日、午前中は、子育て真っ最中のお母さん達のグループにお招き頂き、日頃からの市政への要望や質問をお受けする機会を頂きました。健康診断の申し込み方法や粗大ゴミの回収、公園の遊具、自転車走行空間の問題点他、保育園の悩み、在宅子育ての課題等盛りだくさんの対話の場となりました。
ちびっ子達と歌と踊りのギター伴奏をさせて頂き、賑やかな楽しい時間を過ごさせて頂きました。皆様からのお声、一つでも実現に向けて頑張って参ります。毎年、こういう機会を頂き感謝です。準備やお手伝い等、陰で支えて下さった皆様、ありがとうございます。

午後からは、総支部で月2回開催している法律相談の担当として着任させて頂きました。

 

2月11日、行政書士会新春の集い

未分類 / 2017年2月11日

image1_3.jpg image2_2.jpg image3.jpg

東京都行政書士会、東京都行政書士政治連盟三鷹支部様の皆様の新春交流会にお招き頂き、ご挨拶させて頂きました。身近な法律専門家として、市民生活向上な為に日々お世話になっております。ありがとうございます。(^o^)イメージキャラクターのユキマサ君もお疲れ様です。
武蔵野市議会の大野あつ子議員、三鷹市議会の高谷議員に写真を撮って頂きました。ありがとうございます!

 

2月10日、議員研修

未分類 / 2017年2月10日

image1_4.jpg

午後からは府中の森芸術劇場にて東京都市議会議員研修会に参加。跡見学園女子大学観光コミュニティ学部の鍵屋一教授による「地域防災の課題と災害時の議会、議員の役割」と題した講演を伺いました。三鷹市では議会改革の中で様々取決めが進んでいます。

 

2月10日、改修完了

未分類 / 2017年2月10日

image1_8.jpg image2_5.jpg

対応をお願いしていた道路誘導ブロック破損箇所の改修が完了しました。

 

2月9日、市議会議員集中研修

未分類 / 2017年2月9日

image1_5.jpg

東京のセンター?三鷹市はみぞれが降っています。本日は、午前中に三鷹市議会のまちづくり環境委員会が開催。午後からは、三鷹市議会の議員研修です。大学と連携したまちづくりと題してご講演頂きます。

 

2月7日、バリアフリーのまちづくり

未分類 / 2017年2月7日

image1_2.jpg image2.jpg

朝、メールにて寄せられました都道の歩道の誘導ブロックの破損している現場の確認に。情報、ありがとうございます。近くのスーパーに買い物に出掛けたら誘導ブロックが剥がれていて、困る人がいるのではないか?こうしたご指摘が増える事で、街のバリアフリー化が更に進むものと確信します。