三鷹市議会議員 かすや稔のホームページ

3月12日、赤とんぼ保育園、杏林大学井の頭キャンパス

未分類 / 2016年3月12日

image2.jpg image1.jpg

牟礼に完成した赤とんぼ保育園の完成式典に参加させて頂きました。牟礼の開発の中で、地区公会堂と併設されています。三鷹での待機児解消への一助となります。
その後、杏林大学様が4月から三鷹市に移転され、杏林大学井の頭キャンパスとしてスタートされます。今日は内覧会が開催され、見学させて頂きました。素晴らしい施設です。

 

3月6日、党青年局とヴォイス・アクション開催

未分類 / 2016年3月6日

image1_2.jpg image2_2.jpg image3_2.jpg

党として取り組んできた18歳選挙権が法案として通り、夏に予定されている参議院議員選挙から適用されます。公明党として未来の大切な青年の声を政策に反映させる取り組みとして、ヴォイス・アクションのアンケート調査を推進しています。
主要な施策を掲げ、ボードの上に大切だと思う政策やイイネと思うものにシールを貼って頂く簡単なアンケートです。

短時間でしたが、1636のイイネが寄せられました。ご協力、ありがとうございました。
雇用環境をめぐる問題、携帯料金が高すぎるとの指摘等、若者の声が政策となり、着実に明日の生活に活かされる様、カタチにするのが大切です。

 

3月5日、女性の健康週間

未分類 / 2016年3月5日

image1.jpg image2.jpg image3.jpg

3月1日から8日は、女性の健康週間。毎年党女性局の皆様が女性が輝く社会に向けて様々な啓発活動を推進しています。
今まで女性特有のガンと検診受信への周知、昨年は、超高齢社会における健康寿命を伸ばす取り組みとしてのロゴモティブ・シンドロームの周知とロコモ体操の啓発。今年は、食品ロス削減への啓発チラシを配布し、身近な家庭から食品ロスを削減する取り組みを!と訴えて頂きました。我が国では、年間642万トンにも及ぶ食品ロスがあり、その多くはまだ食べられるのに捨てらている食品がほとんど。世界中で食べ物に困り栄養不足で支援を受ける方々の総量より多いとの事。

今は、当たり前のように食料品で溢れている現代人ですが、今後の発展途上国をはじめとする世界人口の爆発的増加が懸念され、そうした状況では食品不足も予測されています。
消費期限と賞味期限の違いの認識不足からも多くの食品が捨てらている実態があります。
賞味期限は、美味しく食べられる期限であり、食べられない期限表示ではありません。
外食の際は、食べられる量を注文する事も重要で、もしも食べ残しが発生したら、ドギーバッグで持ち帰り、時間を開けて消費する事も大切です。しかしながら、持ち帰りが恥ずかしいとの理由でドギーバッグに普及が伸び悩んでいる実態もあるとの事です。ドギーバッグとは、犬のエサとして持ち帰る事から出来た言葉だと伺います。

個人レベルと外食産業、食品事業者と一体化した食品ロス削減への対応が必要と考えます。