三鷹市議会議員 かすや稔のホームページ

12月15日、災害時における議員のあり方。

未分類 / 2013年12月16日

15日、市議会で災害時想定参集訓練が行われました。マグニチュ-ド7.0、震度5強の地震が発生したと仮定し、災害伝言ダイアル171を利用した安否確認の後、市役所3F議会フロアにある全員協議会室(写真)に自転車か徒歩にて集う訓練でした。

市議会における昨年度の議会改革検討委員会における「災害時における議員のあり方」を議論し、その答申を受けて議会としての初の訓練となりました。

私の住む大沢4丁目、一番市役所からも遠く、今回は4キロほどですが、徒歩にて参集訓練に参加しました。

災害発生時には、過去の災害の教訓等からも、議員は自らと家族の無事が確保された場合、地域の避難所において様々な対応が求められます。

また、その後の経過によって、議会としての審議が必要になる場合は、議会に参集する必要があります。そうした考えから、市議会として独自の災害対策本部の立ち上げ、市側への地域での情報提供や要望も考えられます。様々な課題を議論してきた経緯を踏まえ、今後に活かすべく取り組みとなりました。