三鷹市議会議員 かすや稔のホームページ

「がんばれ!ちいちゃん!」

未分類 / 2011年12月11日

P1000460.jpg P1000451.jpg P1000456.jpg

今日は、午後から牟礼にある三鷹市牟礼老人保健施設「はなかいどう」に入所されている皆様の忘年会が開催されました。

今回は、知人のご協力で、江戸時代より続く伝統芸、猿回し芸を披露して頂きました。10月30日の大沢にある児童養護施設、朝陽学園バザー以来二回目のお猿の「ちいちゃん」による芸の披露となりました。

今日の忘年会、猿回し芸を楽しみにして下さっていた入所者、職員の皆様が手作りポスター等の装飾で大歓迎して下さいました。

動物セラピー効果が注目されている中、三鷹市の高齢者施設では初めての猿回し芸の披露であり、個人的にも推進していることから、高齢者の皆様の反応やセラピー効果を検証しながら参加させて頂きました。

わずかな時間でしたが、ご覧頂いた入所者、ご家族の皆様からも、「ちいちゃん、頑張って〜」との声援をはじめ、笑い声が響き、皆様本当に楽しんで下さっていました。
ちいちゃんの逆立ち、ジャンプ等、アクロバティックな芸に、中には車イスから立ち上がり、見入っていられる方もいました。

芸の披露後、触れ合いタイムを設け、記念撮影をして頂き、そこでも笑い声が響いていました。
動物セラピーによる大きな効果を確信しました。

今日の成果や感想を伺い、これからも機会を増やしていきたいと痛感しました。職員の皆様、お猿の「ちいちゃん」本当にありがとうございました。

芸をやり切ったちいちゃんの顔は、仕事をやり遂げた男の顔(?)でした・・・。

7日、本会議・文教委員会打ち合わせ・「徹子の部屋」

未分類 / 2011年12月8日

朝から本会議が開催され、議案の委員会付託を確認し、散会となりました。

午後からは、9日開催予定の文教委員会の正・副打ち合わせがあり、行政報告の内容を伺いました。

委員会打ち合わせの為、リアルタイムでは見れなかった「徹子の部屋」(録画)を夜に見させて頂きました。

09年に開催したティール&ホワイトリボンキャンペーン「PERSONZ チャリティライブ」で司会をして頂いて以来の友人である、元日本テレビキャスターで、現在フリーキャスターの町亞星さんが「徹子の部屋」に出演されました。

先日出版された著書:「十八歳からの10年介護」(写真)が話題になっており、番組でもお母様の介護や、ご両親の癌の闘病体験をもとに徹子さんと対談されていました。以前に伺ったお話しもありましたが、町さんの言葉を通して伺うと、改めて本当に大変なご経験であった事を痛感しました。

介護をされながら受験、アナウンサー試験、そしてキャスターとして報道に携わるお仕事・・・。お母様を看取られ、その後あとを追う様にお父様との別れ・・・。顔の裏に大変な戦いの日々があったことと思います。

そうした経験から、彼女は医療や介護の課題を取り上げて積極的に報道をして下さっています。また、がんに関するイベントやシンポジウム等で司会もご協力下さっています。先日、三鷹市公会堂で開催された卵巣がんのイベントにも参加頂きました。

これからの町亞星さんの益々のご活躍をお祈りし、またPERSONZのライブでご一緒しましょうね!

これが「HUG」です!!

未分類 / 2011年12月5日

P1000438.jpg P1000439.jpg

今回の市議会第4回定例会において一般質問で取り上げた「避難所HUG」が届きました。(写真)
HUGとは、H:避難所 U:運営 G:ゲームの意味で、英語のHUG:「抱きしめる」の意味と併せ持つとのことで、避難者を優しく受け入れるイメージとかけあわせています。

今回の東日本大震災での教訓からも、災害時には、誰もが避難所の運営のリーダーになる可能性があることから、避難所運営に備える訓練のアプローチのひとつとして静岡県で開発され、注目を集めています。

大きな災害時には、発災後から被災者が押し寄せてくる地域の避難所において、(障がいを持つ、要介護、在宅治療中、赤ちゃんがいる、ペットがいる等)様々な背景を持ちながら押し寄せる避難者をどう振り分け、部屋割り等を行うか、また仮説トイレの設置や炊き出しの場所、支援物質の荷捌き場所や、取材対応などたくさんの課題に向き合わなければなりません。
こうした状況に対応する為の図上での教訓のツールです。

これまでに述べ一万人以上が体験している様です。
公明党は、積極的に推進をしています。12月3日付公明新聞にも、マンガ「HUG」が掲載されました。(写真)

三鷹市での各地域での防災訓練の備えとして、導入することで地域の自主防災組織の皆様をはじめ、市民の防災意識の向上に役立つと考え、提案させて頂きました。市側からは、有効なツールとして導入検討したいとの答弁を頂きました。

これからも災害につよいまちづくりを目指します。

なお、避難所HUGのセット一式(写真)は、6700円。NPO静岡県作業所連合会の販売施設「みんなのお店・わ」で購入できます。(電話:054-272-3730)

おおさわ学園羽沢小学校開校30周年式典、祝賀会

未分類 / 2011年12月3日

P1000437.jpg

大沢にある羽沢小学校が開校より30周年を迎え、記念式典及び祝賀会が開催され、来賓として参加させて頂きました。

三鷹市では一番新しく、児童数も少ない小学校ですが、自然豊かな環境の中でのびのびと学習に励み、学校を通じて地域の皆様も運営や行事に参加頂いている羽沢小学校。

教員、職員、保護者、地域の皆様の手作りの素晴らしい式典、祝賀会が開催されました。
早いもので30年、これからも豊かな自然の中と、子ども達の笑顔輝く地域の学校として、発展されます様に。記念歌の披露もあり、感動的な式典でした。

市議会第4回定例会で質問

未分類 / 2011年12月1日

本日、定例会の2日目、最後に一般質問をしました。

今回は、1 災害に強いまちづくり施策の拡充について 災害時ホームページの代理掲載について 市民の防災意識向上について 「避難所HUG」の導入について提案しました。避難所HUGは、静岡県で開発されたH:避難所 U:運営 G:ゲームで、災害時の避難所における運営を様々な条件のもとで体験するアプローチのひとつで、大変に注目されています。

2 市民の健康を守る施策について ウイルス肝炎の実態と課題、B型肝炎における「核酸アナログ製剤治療」助成制度の周知について、また申請する窓口となる職員の知識の徹底について伺いました。

3 動物共生社会について 未登録の犬の対策、動物セラピーについて。特に犬の未登録に関しては、鑑札のデザイン変更によって登録が進むと思われることから他区市町村の鑑札デザインの一覧を提示し、変更の提案をさせて頂きました。

の項目で質問をしました。