三鷹市議会議員 かすや稔のホームページ

「東部地区住民協議会30周年式典」・「大沢コミセン祭り」・・に参加しました。

未分類 / 2008年5月24日

朝、牟礼コミセンにて開催された、東部住協30周年の記念式典に参加しました。三鷹の地域力を改めて感じました。長年に亘って地域の為にご尽力された方々や、団体の皆さんが表彰され、30年以上前のコミセンが完成するまでのご苦労を伺い、感動し、改めて協働の街:三鷹の「地域力」と「人材ではなく、人財」の素晴らしさを実感しました。また、式典では、素晴らしいハープ演奏も聞かせて頂き、文化の香り高い東部地域の皆さんと触れ合えました。このところ忙しい毎日、音楽によって癒されています。昨日のアートセラピーでも、音楽の持つ力を再認識し、活動報告の更新も、新撰組CD「戊辰戦争のなかで」(PERSONZ:藤田 勉氏作曲)を聞きながらの作業とさせていただいております。

 

午後、地元大沢コミュニティセンターで開催されている「大沢コミセン祭り」に参加。地域の皆さんの作品や、取り組みを見学・勉強させて頂きました。また、地域の皆さんと懇談もさせていただき、やきそば・餃子などを買い、おいしくいただきました。

夕方からは、三鷹市医師会の皆様が取り組んで下さっている、難病カンファレンスを見学させていただきました。日々、市民の為と頑張って下さっている、医師会や保健士さん、関係の皆さんに感謝の想いです。 

難病に関する助成制度や、治療方法などと併せ、患者さんやご家族を取り巻く環境や、不安解消の相談窓口など、勉強せねばならぬ課題は、たくさんあります。

「国立音楽院」を視察しました。

未分類 / 2008年5月23日

世田谷区池尻にある「国立音楽院」を市議会公明党として、視察させていただきました。

音楽の専門学校で、通常の音楽家を目指すコースの他、日本では唯一普及させた「幼児リトミック」(=性格や潜在能力が形成される敏感な幼児期に、音楽リズムを中心にした、心身の調和や、情操、好奇心、豊かな吸収力、健康と元気さをサポートするプログラムを展開されいる。)をはじめ、「アートセラピー科」「音楽療法科」など、設置され、高齢者の介護や、知的・発達障がいのある児童の方々への音楽を通したアートセラピーに取り組まれ、音楽療法士の人材育成に取り組んでいらっしゃる学校です。

理事長先生から様々なお話を伺いました。(写真)音楽に取り組んでいる人は、道を外す事はまづない。小学校の高学年、中学生ぐらいに楽器に触れると情熱が篭もる、それ以外の時期だとなかなか燃えにくいものです。・・・確かに、思春期の頃、音楽によって心が落ち着いたり、楽器にのめり込んだものです。また、先生は、音楽を通じ、様々な事に造詣深くお話をして下さいました。「三鷹を音楽の街にしましょうよ!」と。素晴らしい発想です、そうなったら嬉しいですね。

いろいろな施設に積極的に学生さんが赴いて、演奏や音楽を通じて療法プログラムを推進されながら貢献されています。大変に好評の様で、音楽の持つ力とその取り組みによる効果は、大きいものがあるとのお話を伺いました。まだまだ日本では、遅れている取り組みの様ですが、「国立音楽院」の皆さんによって、音楽家としての療法士さんが増え、仕事として生活できる環境づくりと、アートセラピーの更なる普及が政治の課題であると思いました。(写真は、学生さんの施設派遣募集の掲示板の前です。多くの施設からお声がある様です。)

 

品川区第二延山小学校の「すまいるスクール」を視察しました。

未分類 / 2008年5月22日

品川区での放課後児童の遊びや学習の場として、平成13年から始まった事業で、学童に変り、全児童を対象にし、登録制で学校が終わると、ランドセルを背負って学校内の教室に移動し、体育館・校庭・教室を利用して、遊んだり、工作したり、学習したりと、のびのびと、安心できる環境での取り組みです。

新しい校舎の第二延山小(写真)、吹き抜けがあり、広い体育館の屋上には緑化庭園があり、屋上プ−ルは、地域の方に開放されたりしているそうです。

校長先生はじめ、すまいるスクール担当の先生から、事業の取り組みの経緯や、保護者の反応、児童の皆さんの様子など・・お話を伺いました。

働いているお母さんも多い品川の地域で、土曜日も夕方まで実施され、いろいろな企画やプログラムも展開され、多くの児童の皆さんが参加されている様でした。 三鷹とは違った小中一貫の取り組みと併せ、お話を伺いました。

これからの三鷹における放課後の児童の居場所、子育て施策の参考にして参ります。

新選組CD「戊辰戦争のなかで」を送っていただきました。

未分類 / 2008年5月21日

新選組のふるさととして、観光事業を推進されてきた日野市議会:峯岸弘行議員より、待望の第三回特別展イメージ音楽CD「新選組 戊辰戦争のなかで」(藤田 勉作曲)を送っていただきました。

なんと、作曲者は、PERSONZ:藤田 勉さんです。去る5月10日、11日に開催された壮大な新選組祭り。以前から興味があり、街づくりの勉強にと伺いたかったのですが、あいにく公務があり、参加できませんでした。以前から、新選組の取り組みに関しては、峯岸さんより様々な熱いお話を伺っていました。また、ネットワーク政党・公明党の強みを生かし、三鷹や調布・府中の議員を通じ、あらゆるゆかりの方々を取材されるなど、日野市の新選組の取り組みの中心者として頑張って来られた方です。三鷹でも、新選組で街の活性化を!・・・とご提案して下さっています。

昔から藤田さん達パーソンズの音楽が好きで、このCDも新撰組の「架空のサウンドトラック」という、10曲の構成からなる素晴らしい作品です!。峯岸さん、ありがとうございます。

 

ストップおんだん館を視察しました。

未分類 / 2008年5月21日

午前、霞ヶ関にて、日経BP主催の自治体経営セミナーに参加、午後は港区神谷町にある、全国地球温暖化防止活動推進センター、ストップおんだん館を視察しました。公明党としても、クールアース・デイの創設を提唱しており、環境対策としてのCO2削減が大きな地球規模での課題となっています。

数日前に、同館の来館者が6万人を超えたとの事。中学生のグループも、インタープリターと呼ばれるボランティア職員の方から説明を受けて、熱心に学んでいました。数人規模でも、着実に環境問題の重要性を呼びかける大切さを痛感しました。日本人も一人1日あたり、約11キロもの石油などのエネルギーを消費している.。また、2020年には、ヒートアイランド伴って、東京で、夕方6時に摂氏43度を記録する予測がある・・・などなど重い現実です。

夜、支持者の方々に集まっていただき、かすや稔議会報告会を開催し、1年間の取組みや、三鷹の課題についてお話しさせていただきました。

東京河川改修促進連盟総会・促進大会に参加しました。

未分類 / 2008年5月20日

午後、日本青年館にて開催された「東京河川改修促進連盟総会及び促進大会」に参加しました。

昨年、八王子で開催され今年で2回目の参加となりました。(写真は寺井議員と。)我が三鷹市でも、近年都市型集中豪雨による被害があります。また、昨日から台風の影響による雨・風により、朝の通勤時間帯にあたり影響がありました。地球温暖化に原因するとされていますが、これからまた短時間に予想以上の雨量となりうる季節となり、注意が必要となります。昨年も、市議会公明党としても、5人全員が台風の折に、市内パトロールをさせて頂き、自分の地域でも倒木の対応などに追われました。

その意味でも、多摩地域においても、河川改修や雨水対策の必要性が問われます。(写真は促進大会に参加された国会・都議会議員の方々の様子。)

三鷹市医師会主催の肺ガンの勉強会に参加しました。

未分類 / 2008年5月19日

夜、三鷹市医師会の先生方が主催して下さった、肺ガンの勉強会に参加。今、国民の3人に1人がガンで亡くなる時代です。三鷹市では、今年度からガン検診の拡充が為されました。公明党としても、予算要望をしてきましたが、17年データでも、市で1225名の方が亡くなり、うち386名の方がガンが原因。中でも肺ガンがトップとの事。

杏林大学病院の先生が講師として来て下さり、分かり易く講義して頂きました。公明党もガン対策基本法の法制化に尽力してきた経緯や、以前にガンの患者さん達のシンポジウムに参加させていただいた事もあり、公明党市議5名で参加。早期発見がいかに大事かを学びました。高齢化に伴い、ガンを患うのは、ある意味で当然との見方もあるとの事ですが、ステージI期 の初期であれば、90%近い確立で完治可能との事です。医療も日々進歩しています・・・。

今後、いかに市民の健康診断などに反映させていくのか、全ての人が患う可能性があります。ガンになっても怖くない社会の構築が大きな課題です。

ドラッグ・ラグや、放射線治療などガンを取り巻く様々な問題があります。これからも勉強していく決意を新たにしました。

 

 

三鷹国際交流協会(MISHOP)のウォークラリーにボランティアとして参加しました。

未分類 / 2008年5月18日

晴天の中、たくさんの市民の皆さん、また韓国、中国、マレーシアなどの外国籍の皆さんが、井の頭公園でウォークラリーを楽しまれました。国際交流協会の評議委員として、会議などには普段から出席していますが、今回はボランティアとして、韓国からの留学生キムさんと受付役員をさせて頂きました。4〜5人の各国混合グループに別れ、様々な課題を調べながら、前もって決められた時間に一番近いチームが優勝との事・・・。市民相談の時間の都合で最後までご一緒できませんでしたが、こうした身近な国際交流が、行なわれている三鷹市は、素晴らしいと思います。また、ボランティアで一日動いていただいた皆様、ありがとうございました。世界市民としての感覚を大切にしましょう。久しぶりに、日曜の井の頭公園、何年ぶりか・・・たくさんの人で賑わっていました。新緑を満喫しました。

調布での不発弾処理も無事に終わった様です。

運動会・五月祭・教育シンポジウムに参加しました。

未分類 / 2008年5月17日

朝、晴天の中、大沢台小学校で行なわれた運動会に参加。(写真)元気いっぱいの児童の皆さんの競技を応援。その後、市民センターで行なわれた、NPO法人「三鷹はなの会」の皆さんの五月祭に参加。(写真)午後からは、三鷹の教育を考える会の皆さんと、公明党三鷹第3支部(支部長:おがた一郎)の共催による教育シンポジウム「三鷹市の教育環境とその選択肢」に参加させて頂きました。(写真)

忙しい一日となりましたが、五月晴れの中、運動会では、同級生にお会いできたり、知人のお子様達が元気いっぱいに走り、動き、競っている姿に元気をもらいました。

また、五月祭では、式典の冒頭に市長や他の議員と共にご挨拶させて頂きました。やきそばや焼き鳥など楽しみにしていましたが、食べれずに残念でしたが、障がい者の皆さんが元気に働いている姿を写真展示で拝見し、大変に感動いたしました。また、教育シンポでは、三鷹市教育長・都立三鷹高校校長先生・法政副校長先生などがパネラーとして来て下さり、三鷹市の進める小中一貫教育の取組み、これから始まる都立三鷹高校での中高一貫、法政一中高での、中・高・大教育プログラムでの取り組み、また障がいをお持ちの生徒さん・不登校・中退などで悩んでいる生徒さん達と向き合っておられる先生の取組みなど、三鷹市内での様々な教育プログラムを勉強させていただきました。また、参加されていた方々からも活発な質疑応答がなされていました。

調布市における不発弾処理に関する安全・安心情報(三鷹市安全・安心メール)

未分類 / 2008年5月16日

三鷹市の安全・安心メールが配信されました。問い合わせの連絡を頂きましたので、ご参考下さい。お出かけの際は、ご注意下さい。 (以下、引用させていただきました。)

                                                        <調布市で不発弾処理を実施>先にお知らせいたしましたが、京王線国領駅付近(調布市国領町1丁目42番地7)で発見された不発弾の処理が、明後日5月18日(日)午前8時から午後3時頃まで行われます。処理作業中は、警戒区域(不発弾を中心におおむね半径500m)が立入禁止となり、国道20号線などの幹線道路の通行が規制されます。また、京王線も「つつじヶ丘〜調布」間で運休し、バスによる代行運転はありません。調布方面にお出かけの方はご注意下さい。★問い合わせは調布市不発弾処理対策本部まで042-487-2880