image1_5.jpg image2_5.jpg image3_2.jpg

イノシシによる農作物被害が増大しています。1960年1500万人いた農業従事者は年々減少し、2015年では209万人まで落ち込みその7割が高齢者が担っています。農業従事者の減少により耕作放棄地は増え、イノシシにとって心地良い棲家を与えてしまい有害鳥獣のイノシシは増えるばかりです。
南房総市の昨年捕獲数は5146頭ですが、一年半で成獣になり年1〜2回8頭ずつ出産するので、全く追いつかない現状です。
対案がない状況下の中で、自分の地区は自分たちで守る熱い思いの話をお聞きし感銘を受けました。
私も猟友会の方と連携し箱わなを設置して頂き、日々捕っていないか見に行っているのですが簡単には捕まりません。゜(゜´Д`゜)゜。
iPhoneから送信

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
南房総市 阿部美津江
abe.m0313@gmail.com