Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

Archive for the ‘未分類’ Category

IMG_E3786[1]IMG_3787[1]地域デビュー講演会「地域活動の楽しみ方<これからが本当の人生>」の参加しました。

講師はNPO法人「シニア大樂」理事長、シニアライフアドバイザーの藤井 敬三氏(写真上)

地域活動を楽しむポイント、笑顔をつくるだけで楽しくなる、楽しめば脳は若返る、笑顔が最高のボランティア等

笑顔の大切さを再確認!

その後、公明党控室にて、山田萌々華ちゃんのお母様に、「医療的ケア児」の課題等の話を伺いました。(写真下)

誰もが「希望がゆきわたる国へ。」しっかりと斉藤やすひろ都議と連携をとっていきます。

IMG_3789[1]IMG_3772[1]IMG_E3775[1]ダルメシアンの「ダリーちゃん」3才。油面公園の6時半のラジオ体操デビュー!

とってもおとなしくておりこうさんで、「わんわんパトロール」もしてくれています。

「わんわんパトロール」は散歩をしながら地域を見回っていただくボランティア活動です。

①子ども達の通学時の通学路や公園周辺を散歩することで、子ども達の見守りができます。

地域の「防犯の目」となり犯罪を起こさせないまちづくりになります。

③家を覗き込んでいる人や長時間駐車している不審車両を見つけたら、110番通報をお願いします。

(目撃した時間や場所、車のナンバー・色・型・服装党をお知らせください。)

「わんわんパトロール」に参加していただける方は、目黒区役所4階の生活安全課までご連絡又はお出かけください。

連絡先:目黒区危機管理室 生活安全課 ☎03-5722-9667 

♥是非、ワンちゃんと一緒にボランティア活動よろしくお願いします

 

IMG_3755[1]IMG_3754[1]目黒区立の認可保育園では、使用した紙おむつを保護者が、持ち帰っていました。

「帰りに買い物をする時やバスや電車に乗るときに臭いし、不衛生なので園で処分をしてほしい!!」とのご要望を多くの保護者の方から受け、検討してもらっていました。

23区の状況を見ると、半数近い区で使用済み紙おむつを公費で処分していて、現状で保護者に持ち帰りを依頼している区においても、公費での処分を検討している状況です。

これらを踏まえ、保護者の送迎にかかる負担の軽減や衛生上を考慮し、目黒区も平成30年7月17日(火)から、使用済み紙おむつの縁での処分を開始しました。

保育園の保護者の皆さまから、大変にありがたいとの喜びの声を伺いました。良かったです!

今日は、公明党の港区議2人、渋谷区議2人、杉並区議と共に、新宿御苑前駅の近くで開催された「LGBT」等の性的マイノリティの方々の懇親会に参加せて頂き、当事者の皆さんの生の声を伺うことが出来ました。

「差別のない多様性を違いを認め合い、誰もが自分らしく輝ける社会、目黒区になるように頑張ります!」と話させていただきました。

 

 

IMG_3764[1]IMG_3769[1]IMG_3768[1]哀しみに寄りそい、ともに生きる「グリーフサポートせたがや」「サポコミュカフェ」にお伺いしました。

「グリーフサポートせたがや」の「サポコハウス」は、哀しい別れ、心の痛みをひとりで抱えた人に寄り添い、ともに生きていけるコミュニティの場です。

おそうめんや卵焼き等までご馳走になり、家庭的な「ほっこり」と温かい家庭的なハウスでした。

「糸の部屋」で、(写真上)DVD「教育現場におけるグリーフサポート~士別体験にどう向き合うか~」を見せてもらい、その後、とっても美味しい「スイカケーキ」(写真中)を頂きながら、感想を述べあいました。

私は、茨城の読売新聞販売店時代の主人の交通事故即死の時に、3年生、4年生だった息子と娘の話をさせて頂きました。

ポストカードブラックリボンを買いました。(写真下)

ブラックリボンはグリーフを象徴する国際的なシンボル「思い出は永遠です」

IMG_3758[1]IMG_3752[1]IMG_3757[1]目黒本町福祉工房では、(写真上)アートクラブの利用者と職員とアートの谷垣先生で、いろいろな絵を描いています。

中央町1の1の11サンハイム1F(階段で少し下がります)の「あとりえウィズユーリビング」に、(写真中)アートクラブの皆さんの作品が展示されています。(写真下)

生活介護の利用者さんの絵はがきも販売しています。

是非ご覧ください!

IMG_3752[1]IMG_3760[1]IMG_3756[1]あとりえウィズユーリビングで開催された「あとりえ歴史のお話会」に参加しました。

今月のテーマは、江戸は庭園都市だった!「江戸の園芸」

お話は、江戸文化探検家の大森 美恵子さん。

江戸歴女と歴男の皆さんが集まり、ワイワイと楽しいひと時を過ごしました。

IMG_3746[1]IMG_3748[1]区役所の1階ロビーで、「食品衛生月間」のパネル展示が開催されています。是非見て食中毒にお気をつけください。

区民相談で、道路管理課、土木工事課で調べてもらったり、9月の第3回定例会一般質問に向け調査。

その後、聴覚障がい者生活支援センターにて、コミュニケーションを音声に頼らず、季節の行事や参加者の日常の話題や時事のニュースなどをテーマに自由におしゃべり(手話や筆談で)を楽しむ、ふれあいサロン「あおい空」に参加しました。

今日のテーマは「夏の夜の出来事」私は、先日の「よさこい」に参加した事を話し写真を見てもらいました。

全日本ろうあ連盟の「デフリンピック」の話や選手村の思い出、夏休みに入った五右衛門風呂の話等、いつも寄り道しながら盛り上がりました!

IMG_3744[1]IMG_3745[1]今日8月17日(金)の公明新聞に、目黒区の烏山佐和さんの、食品ロス削減の挑戦の様子が掲載されました。

意識啓発で高い削減効果 1人の行動 大きな「潮流」に

『東京都目黒区に住む烏山佐和さんは、2016年に公明党東京都本部女性局が開催した啓発イベントに参加したことから、食品ロス削減に挑戦し始めた。

それ以来、買い物では食品の賞味期限が近い方を選ぶなど地道な取り組みを継続。

その日に使う分しか買わないようにしたため、冷蔵庫には食材がほとんど残らないという。

自分が実践するだけでなく、中学生と小学生の娘にも、食品ロスを減らす大事さを日頃から教えている。

烏山さんは「一人一人が行動すれば大きな潮流になると思うので友人にも伝えたい」と語っていた。』(公明新聞より抜粋)

IMG_3739[1]IMG_3740[1]油面公園の隣地の(現シンコーパーク祐天寺駐車場)に、アソシエ・インターナショナル認可保育園が、平成32年4月1日開設予定

近隣の皆さんには、すでにお知らせがあり、いろいろとご質問がありましたが、説明会が平成30年8月24日(金曜日)7時から、油面住区センターにて開催されます。

油面小学校の隣に保育園が出来る時には、近隣の皆さんご協力で、反対もなくスムーズに開設することが出来ました。

うちのマンション隣接のこの予定地も、油面公園から、元気な子ども達の声がいつも響いている地域なので、問題はないかと思います。

毎日早朝の油面公園清掃活動とラジオ体操に、ますます力が入ります!

いじめ予防教育仲野先生が、公明党控室に再度いらして、いじめによる自殺を絶対になくす!との熱い思いを伺いました。

 

 

IMG_3730[1]IMG_3729[1]IMG_E3737[1]今日8月16日の読売新聞の「論点」に、齋藤麗子先生の記事が、掲載されました。

「受動喫煙という児童虐待」

子どもへの虐待が重大な社会問題になっている。現在の虐待の定義は「身体的虐待」「育児放棄(ネグレクト)」「心理的虐待」「性的虐待」の4分類だ。

私は虐待の5番目の定義として、子どもの周囲での喫煙を加えたい。

受動喫煙は、外傷(身体的虐待)を直接与えるものではない。しかし、子どもの健康や命、発育を脅かすという意味で、虐待そのものと言って良いのではないだろうか。

厚生労働省の検討会がまとめた「喫煙と健康」(通称・たばこ白書)によると、子どもへの受動喫煙の健康被害として、ぜんそくなどの呼吸器疾患、中耳炎、う歯のほか、乳幼児突然死症候群(SIDS)との関係が指摘されている。(平成30年8月16日読売新聞「論点」より抜粋)

今後も、齋藤麗子先生にご指導を受けながら、子ども達を「受動喫煙の害」から守ってまいります!