menu
カテゴリー(日記)

IMG_6297[1]IMG_E6289[1]IMG_6294[1]

東京都庁の都議会議事堂にて

午前中は、公明党の女性議員の勉強会

①NPO法人きずなメールプロジェクト大島代表理事より“孤育て”予防のマタニティメール

②株式会社エムティーアイより、ルナルナサービスによる少子化対策について、母子手帳アプリ「母子モ」について

午後からは、斉藤都議が司会で、平成31年度東京都予算案の主要事業・新規事業説明会がありました。

財務局、環境局、総務局、教育庁、福祉保健局、産業労働省、生活文化局、オリンピック・パラリンピック準備局、都市整備局の各部長、課長から説明をして頂きました。

しっかりと斉藤やすひろ都議と連携を取り、今日勉強した事を、目黒区政に活かしていきたいと思います。

目黒消防団佐藤さんは、目黒消防団として28年間地域を守る第五分団の副分団長です。

住民の命を救う救命講習の講師としても活躍。

そして人と人の絆を結び、「生きる」元気と勇気が出る、聖教新聞・公明新聞の販売店!毎日二時半に起き、配達員さんの元に新聞を届けます。

私も、21歳で、茨城の読売新聞販売店の主人と結婚し新聞屋のおかみさんとして、いろんな経験をした事が今では宝となっています。

雨の日も、風の日も、嵐の日も、寒い雪の日も、地震があろうとも、毎日、毎日、新聞を配達してくださる皆さまに感謝!感謝!です。
 

家庭訪問をする村上さん油面ときわ会老人クラブの村上さんは、となり近所の交流を深め、孤独な老人をなくす、声掛け・ふれあい・助け合いの活動を行っています。

地震の後、私も村上さんと一緒に地域でお一人で住まわれている、ご老人のお宅を訪問させて頂き、何か問題がないかどうか確認させていただきました。

訪れた村上さんの心温まる笑顔に、みなさん、ホッとした様子で、とても喜んでいらっしゃいました。
その姿を拝見し、公明党が推進する「新しい福祉社会ビジョン」の「孤立」から「支え合い」の社会を目指してという、地域の人間的なつながりの重要性を再認識させていただきました。

自転車放置防止指導員の古内さん目黒区シルバー人材の古内さんは、祐天寺駅自転車放置防止の指導員です。
早朝から寒い中を2時間交代で見守っていてくださっています。

駅前の放置自転車が多くなると、緊急車両の通行の妨げになったり、目の不自由な方の点字ブロックが隠れてしまったりと危険を防止するために、働いていただいております。

シルバー方々の影の大きな力に感謝!感謝です。
古内さんをはじめ、自転車放置防止指導員の皆様、健康にお気をつけてください。

毎日、寒い中大変に、ありがとうございます!

ホームページも立ち上がり、パソコン音痴の私ですが、ブログをはじめます。

パソコン教室で勉強しながら、コツコツ続けていきますので、よろしくお願いいたします。

まずは、これまでの活動などを掲載させていただきます。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代