menu
バックナンバー 2018年 8月

IMG_3975[1]IMG_3974[1]東京都書店商業組合目黒支部(目黒書店組合)の皆さんの、団体要望をお伺いしました。

八雲堂書店、金華堂書店、王様書房、恭文堂、町田書店の皆さまから、街の書店の経営の課題等をお伺いしましたが、街の本屋さんが子どもたちはじめ、多くの方の心を豊かする場所になるように、大切な目黒区の本屋さんを応援していきたいと思います。

写真下左から、学生時代からお世話になっていた、油面通りの金華堂書店さん祐天寺駅の王様書房さん。

IMG_3976[1]IMG_3959[1]IMG_3960[1]公益社会法人東京都宅地建物取引業協会東京都不動産政治連盟 目黒支部の皆さまの、団体要望をお伺いしました。

空き家問題、木造密集地域解消と改善策、狭隘道路、私道拡幅に対する強制化、路上の私物撤去の強制化等、さまざまなご要望を頂きました。

原野商法の被害が急増している(写真下)話を伺い、高齢者の方々への注意喚起の必要性を強く感じました。

しっかり勉強してご要望にお応えしたいと思います。

IMG_3965[1]IMG_3969[1]IMG_3972[1]国立オリンピック記念青少年総合センターの国際交流棟にて(写真上)にて、

~支え合う社会へ~ ヒューマンラブエイド「Stop!いじめ・ひきこもり」「第1回 出張駆け込み寺 合同 仮面 相談会」が開催されました。

仲野繁先生(写真中)やアニメ「キャッアイ」のテーマソング歌手の刀祢麻里子さん(写真下)から、いじめについて斉藤やすひろ都議といろいろとお話を伺いました。

9月の夏休み明けが一番子どもの自殺が多いとの統計がありますが、子どもの命を守る為に「いじめ」を真剣に考えていきたいと思います。

IMG_3952[1]IMG_3956[1]IMG_3950[1]祐天寺駅の朝の街頭で、皆様にご協力いただいた「100万人訪問・調査」運動アンケート結果の発表があった事をお伝えしました。

子育てのアンケートでは「教育費負担7割が不安」

介護では「家族の負担大きい」

中小企業では「支援制度の周知急務」

防災・減災では「空き家、道路、河川が危険」

今後は「課題をワンストップで受け止める取組」「利用者側の視点に立った制度への改革」「寄り添い型・伴奏型の支援の充実」が必要です。

国会、都議会、区議会と公明党のネットワークで、皆様のアンケートをしっかりと活かしてまいります!

IMG_3927[1]IMG_3926[1]厚生労働省は、子どもの虐待の通報や相談を24時間受け付ける全国共通ダイヤル「189」(いち早く)通話料を無料にする方針を固めました。

児童虐待防止対策の抜本強化に向けた公明党の提言を反映したものです。

公明党は、児童虐待を防ぐ体制を強化するため、相談ダイヤルの利便性向上を一貫して推進してきました。

電話番号の覚えやすい3桁化を後押ししたほか、児相につながるまでの音声案内の短縮も進めてきました。

電話は最寄りの児童相談所につながる仕組みで、虐待通報だけでなく、子育てに関する悩み相談などに幅広く対応しています。

相談自体は無料ですが、現在は通話料金がかかっている為、児相につながる前に切れてしまうケースがあり、公明党通話料金の無料化を要請していました。

児相がきめ細かく虐待情報を拾い上げられるようにして、早期の対応に生かすよう24時間対応の相談員も増員されます。

今後も、子どもの命を守る為に、全力で取り組んでまいります!

IMG_3921[1]IMG_3923[1]「祐天寺ロータリーを考える会」活動報告会が上目黒住区センターのレクリエーションホールで行われました。

安心して住み続けられる街、安心・安全に歩ける街「祐天寺」

~祐天寺駅前の憩いのスペースを実現する!~

祐天寺駅周辺地区は、区の都市計画マスタープランで地区生活経典として位置づけられ、新たに地区整備計画を作成することが、目黒区実施計画で決まりました。

今後の予定は、地元の意見を聞きながら整備構想、整備基本方針、整備計画を順次作成していくとの事です。

いろいろな意見が出ましたが、1番多かったのが、交番の位置を元に戻して欲しい!との意見でした。

私も多くの皆さんから、要望を受けて、何度も目黒警察署に行きましたが、再度、斉藤やすひろ都議にも相談をします。

皆さんから愛され、住み続けたいと思える祐天寺駅になるよう、意見要望を聞いてまいります!

IMG_3911[1]IMG_3910[1]認知症の人と、その家族に優しい地域づくりへー。厚生労働省は公明党の提案を踏まえ、2019年度から、認知症の人と、地域で支援に取り組む「認知症サポーター」をマッチングする「オレンジリンク(仮称)」事業を始める方針を固めました。

公明党は、認知症サポーターの養成推進へ、各自治体での取組みに加え、党員会で養成講座を開くなど積極的に後押ししてきました。

「いいじまグループ」でも、さくらプラザのホールで100人の方々が、「認知症サポーター講座」を受けて「認知症サポーター」になり、オレンジリングをもらいました。

私の母も認知症の為、認知症カフェの「ラミヨ」には良く参加させて頂いていますが、

今後も「認知症サポーターが地域で活躍できる場づくり」「地域コミュニティでの見守り体制の構築」の推進に力を入れてまいります。

IMG_3905[1]IMG_3908[1] IMG_3909[1]区役所の1回ロビーにてオリンピック・パラリンピックのマスコット「ミライトワ」「ソメイティ」と記念撮影ができます。(写真上)

1階の売店では、「東京2020のオリジナルグッズの販売コーナー」があり、そこで「ミライトワ」と「ソメイティ」のぬいぐるみも販売しています。(写真下)

うちの孫は、2020応援ソングの「パプリカ」が大好きだそうです。

今日は朝から、斉藤やすひろ都議中心に打ち合わせがあり、その後区役所に移動して、「一般質問通告」のチェック。

公明党目黒区議団は、私は9月5日(水)に、6日には山宮区議が、一般質問します!

IMG_3901[1]IMG_3895[1]中央町の「カワハラ(株)」で第6回「エンジョイフェスタ」が賑やかに開催されました。

バルーンアート教室、ヨーヨースーパーボール釣り、ポップコーン、子どもお菓子つかみ取り、氷等の屋台もあり、子ども達大喜びでした!

大人には、リフォーム無料相談、包丁研ぎ無料サービス、網戸張替100円、家電・工具・物産品、ゴルフ用品の即売コーナーがありました。

社長さんにお聞きしたところ、『日ごろ大きなトラックが出入りして、近隣の方やご通行の方に、ご迷惑をおかけしているいる為、毎年行っていて、今年で6回目になります。』とのお話でした。

子ども達の楽しむ姿に、住む方々と地域の会社との「絆の大切さ」を感じました。

IMG_3889[1]IMG_3891[1]IMG_3892[1]「めぐろパーシモンホール」「めぐろバレエ祭り」が盛大に開催されました。

バレエは、夢のような世界で、昔から子ども達の憧れです。

目黒区は、有名な東京バレエ団や、他にもバレエの教室がたくさんあり、多くの皆さんが集まりました。

午前中に、セレモニー目黒で告別式があり、着替えて寄らせていただきましたが、舞台で踊り方も、舞台を見る方も、キラキラ輝く子ども達の瞳が印象的でした。

 

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代