menu

IMG_2103[1]IMG_2102[1]IMG_2105[1]渋谷区公明党栗谷順彦区議(写真上右)と近藤順子区議(左)が、目黒区に「医療と介護の連携について」行政視察にいらっしゃいました。

地域包括ケアシステムの進化・強化を目指して、医療と介護のネットワークの構築への取り組みについて、認知症支援について等の質問がありました。

目黒区健康福祉部地域ケア推進課の藤原課長、在宅療養推進担当の渡辺係長から、「目黒区在宅療養資源マップ」「目黒区保健医療福祉計画第7期目黒区介護保険事業計画」等で目黒区の事業を説明していただきました。

お二人の渋谷区議に、「医療と介護の連携や若年性認知症支援や認知症カフェ等、さまざま目黒区はとても進んでいる!」と言っていただき、目黒区の医療と介護の連携の強さや認知症支援が、進んでいる事を改めて感じることが出来ました。

最後に渡辺係長から、「地域介護経営介護ビジョン」目黒区在宅医療・介護連携に関する研修会で、目黒区内の多職種が集まり、地域課題解決法を議論した記事が掲載されたと紹介がありました。

これからも、医療と介護の連携を強化し、高齢者の皆さんが安心して地域で支え合い、住み続けられる温かな目黒区目指して頑張ります!

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代