Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

Archive for 2016年 11月

IMG_6314[1]IMG_6315[1]目黒区の公明党目黒総支部目黒支部(いいじま和代支部長)として、「認知症サポーター養成講座」を開催した様子が、公明新聞に掲載されました。

齋藤やすひろ総支部長(都議)も参加し、約90人の皆さんが参加し、講座を受けて「認知症サポーター」になり、「オレンジリング」をもらいました。

これからも、「認知症サポーター」や「いきいきサポーター」を拡大に力を入れ、「支え合いの暖かい目黒」をめざして頑張ります!

今日は、監査委員室にて、例月出納検査、庁外施設定期監査の結果について協議をしました。12月からは毎日、学校の監査が始まります。

 

IMG_6312[1]IMG_6313[1]写真上は「目黒区商店街連合公式マスコットキャラクター」「スマにゃん」

写真下は「全国禁煙推進協議会キャラクター」「すわにゃん」

「スマにゃん」と「すわにゃん」仲良くなって「受動喫煙の害のない目黒」へ!

IMG_6309[1]IMG_6311[1]「生活福祉委員会」にて、「受動喫煙」に関する3つの陳情審査が行われました。

写真は、左から禁煙推進全国連絡協議会副会長の齋藤 麗子先生とタバコ問題首都圏協議会代表の中久木さんと辻丸さん。

陳情審査では「受動喫煙を防止するには、何よりも、たばこの煙が深刻な健康被害を招くという認識を深めていくことが重要です。今年9月に、15年ぶりに改訂された厚労省の「たばこ白書」によると、喫煙との因果関係が確実にあるとされる病気として、がんの他に、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などが挙げられ、毎年、喫煙により約13万人、受動喫煙だけでも1万5000人が命を落としているという。国立がん研究センターも、受動喫煙により肺がんになる危険が高まることは「確実」だとする調査結果を公表しました。いずれも科学的根拠は明確です。だからこそ公明党は「受動喫煙防止対策の強化は待ったなしである」と、政府に訴え続けています。そもそも今から35年前、受動喫煙と肺がんの因果関係について、世界で初めて報告したのは日本の研究者でした。しかし今では、日本の受動喫煙対策は世界でも「最低レベル」だと指摘されています。国民の健康を最優先に考えた対策を急ぐべきです」と訴えさせていただきました。

また「目黒区として国の動きを待っているだけでなく「たばこグッドマナー店」の積極的な推進や「禁煙受動喫煙対応メッセージカード」(写真下)で受動喫煙のないお店を広めていくべきと訴えました。

ピンクのカードの裏は「おいしい空気もありがとう!」の「感謝カード」、黄色のカードは「要望カード」

IMG_6289[1]IMG_6291[1]生活福祉委員会にて、議案審査を行い終わり次第、

全国の地方自治体職員及び地方議会議員対象の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたシンポジウム「2020年に向けて 日本全国みんなで盛り上がろう」が開催されるТKPガーデンシティ品に、武藤幹事長と駆けつけました。

主催者挨拶 小池百合子都知事(写真)

「東京2020参画プログラム」事例紹介

文化芸術パフォーマンス 義足のダンサー「大前 光市」、早稲田大学男子学生チアリーディングチーム

パネルディスカッション

その後、お通夜に桐ケ谷斎場に向かいました。

IMG_6247[1]IMG_6252[1]10㎞の部スタート後、ミニマラソン車いすの部、ミニマラソン親子ペアの部、ミニマラソン小学生の部、ミニマラソン中学生以上の部、1㎞ウォーキングが、中目黒小学校からスタートしました。

公明党の斉藤やすひろ都議も、皆さんの声援を受け、「目黒シティマラソン2、5㎞の部」を元気いっぱい走りきりました!

 

IMG_6250[1]IMG_6243[1]
中目黒小学校会場の記念撮影コーナーにて

2004年アテネ大会の実物聖火トーチを持って、斉藤やすひろ都議と記念撮影を撮りました。

斉藤やすひろ都議は、これから中目黒小学校よりスタートする「ミニマラソンの部」で走ります!

IMG_6226[1]IMG_6236[1]第1回「目黒シティラン」~健康マラソン大会~が4,000名の方が集まり開催されました。

7時に10㎞の部の会場、目黒総合庁舎オープンし、ぞくぞくとランナーの皆さんが集合。

スターター目黒名誉区民で大会組織委員会名誉顧問の王貞治氏(写真下)です。

 

IMG_6211[1]IMG_6212[1]明日は、第1回「目黒シティラン」健康マラソン大会が開催されます。

8時から10㎞の部目黒区総合庁舎より、スタート整列開始。8時半10㎞の部スタート‼️

スターターは王貞治さんです。

車いすの部、親子ペアの部、小学生の部、中学生の部、1㎞ウォーキングは中目黒小学校からスタートです。

10時から、目黒区総合庁舎にて10㎞の部の表彰式があります。

10時〜12時サブイベントも実施されます。

交通規制にご注意ください。(写真下)

IMG_6205[1]IMG_6207[1]第15回「しいの実祭」が開催されました。

しいの実社(多機能型障害福祉サービス)の年に1度のお祭りです。

天然酵母パン、クッキー・マドレーヌ、織物・クラフト製品等しいの実社製品販売

その他、バザー、縁日、区内他施設販売、模擬店、喫茶コーナー、イベント他

地域の皆さんも楽しみにしていて、今年も大勢の方が集まり、地域交流の大事なお祭りです。

「高木美智代衆議院議員も駆けつけて、手織りのマフラーを2本買ってくださいました!」と野村理事長より、(写真上)喜んでご報告を受けました。

私も手織りの暖かいピンクのマフラーを大事に使っています。

今年は模擬店の豚汁で温まり、いろいろなクラフトやパンを買わせて頂きました。

IMG_6197[1]IMG_6204[1]今日は本会議にて、議案付託、陳情付託されました。

1階のロビーでは、DV防止パネル展示されていました。

「パープルリボン」は女性に対する暴力をなくす運動のシンボルです。

6時からは「住宅審議会」が総合庁舎1階会議室で行われました。

(1)小委員会からの報告

(2)目黒区住宅マスタープランの改定に向けて

①基本理念と基本目標について

②施策目標について

③中間のまとめの方向性について