Twitter
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

Archive for 2016年 8月

IMG_4901[1]IMG_4904[1]今日から3日間、「第67回全監連講習会」が、飯田橋レインボービル(写真)の7階大会議室で開催され、監査委員として参加して勉強します。

今日は、「監査委員監査の役割」 前宮城県代表監査委員の遊左氏

「住民監査請求の実務」 住民監査請求の適法用件を中心として  リレーション法律事務所 伊東弁護士

IMG_4897[1]IMG_4895[1]昨日の「公明党女性局夏季研修会」の記事が公明新聞に掲載されました。(写真上)

竹谷とし子都本部副代表(参院議員)は、7月に改定された消費者庁の「消費者基本計画工程表」に、公明党の主張で食品ロス削減に関する取り組みが明記されたことを報告。

対策を強化する法整備に向けた党内議論も開始したと述べた。

また竹谷さんは、家庭の未利用食品を持ち寄り、地域の福祉施設団体や施設、フードバンクなどに寄付する「フードドライブ」について、国の所管省庁がない実情を指摘。

その上で、地方自治体で取り組んでいる事例があるとして「地方と国で連携しながら、食品ロス削減と、困っている人に未利用食品を届けられる仕組みづくりを進めたい」と強調した。

今朝は、油面公園清掃とラジオ体操後に、青色申告会のメンバーズカードと会報を配りました。(写真下)

茨城の読売新聞販売店時代の朝の新聞配達を思い出します。

IMG_4886[1]IMG_4887[1]午前中は、監査委員室で、7月分例月出納検査等があり、終了後、公明党女性議員研修会に駆けつけました。

雨支度をし覚悟していましたが、東京はあまり影響はありませんでした。東北・北海道の被害がない事を祈ります。

「公明党女性議員夏季研修会」は、公明会館にて「食品ロスについて」の講演

講師は、女子栄養大学・石巻専修大学 非常勤講師、消費生活アドバイザー、栄養学博士の井出留美先生(写真下)

始めに財政の見える化・食品ロスの見える化を訴えている「竹谷とし子参院議員」(写真上)も参加し挨拶がありました。

私は6月の第2回定例会で「食品ロス」についての一般質問の中でも、あまっている食べ物を食べ物に困っている人に届ける「フードバンク」の推進も訴えましたが、今日勉強した、「もったいないをなくすための日常生活の購入・消費行動の見直し10ポイント」も目黒区において、しっかり推進していきたいと思います。

 

 

 

IMG_4873[1]IMG_0182[1]十文字学園女子大学教授、健康管理センター長の齋藤麗子先生(写真中央)が、武藤幹事長(右)に「受動喫煙の害」について話にいらっしゃいました。

齋藤先生には、明党女性議員の研修会で「受動喫煙の害」について講演をして頂きました。

なんと武藤幹事長は、十文字幼稚園だったとの事で、縁があり、びっくりポン!

齋藤麗子先生のおかげで、目黒区には「子どもをタバコの害から守る」禁煙マークが児童遊園等61ヶ所に掲示されました!(写真下)

これからも、「受動喫煙から子どもたちの命を守るため」に頑張ります。

IMG_4867[1]IMG_4842[1]公明新聞にフリースクール全国ネットワークに聞く「夏休み明け 子どもの自殺防げ」過去40年で「9月1日」が最多との記事が掲載されました。

写真上は、悩んでいる子どもたちの力になりたいと話す、同ネットワークの中村理事(右)と松島事務局長

多くの学校で夏休み明けとなる9月1日は、子どもの自殺が1年でも最も多い。この痛ましい実態を転換しようと、全国のフリースクールなど91団体が加盟するNPО法人・フリースクール全国ネットワークは10日から、自殺防止に向けた活動に取り組んでいる。子どもたちの命を守るために何が必要か?

「学校は休んでもいい 多様な学び方、居場所知って」

駆け込み情報やメッセージを発信

<自殺防止に向けた取り組みとは>

まず、休み明けに自宅を出たものの、学校に行きたくないという子どもを緊急的に受け入れる“駆け込み場”としてフリースクールなどを開放し、全国の開設情報をホームページで紹介する。また、加盟団体を通じて、過去に自殺を思いとどまった人や、著名人からのメッセージを集めてホームページで発信する。さらに、加盟団体が独自で行っている相談事業などの事例を団体間で共有していく。

※目黒区自殺対策講演会「生きづらさを抱える若者への支援」が9月4日午後2時より区役所で開催されます。(写真下)

IMG_4863[1]IMG_4864[1]IMG_4865[1]斉藤やすひろ都議より「保護子猫ちゃんの飼い主さん」を探しているが、どなたか飼って下さる方いないか?との連絡がありました。

近所の友人に話したところ、今いる猫ちゃんと相性が合えば飼っても良いとの事で、さっそく母校のサレジオ・星美学園近くの喫茶店「アレッタ」に行きました。

写真上の右は動物愛護活動家の栗原さん。

写真中の左が、里親探しをしている阿部さんとこれから里親になるかもしれない渡辺さん(右)飼い主さんとは相性が良いらしく、ずっと膝の上でホッとしていました。後は今飼っている猫ちゃんとお見合いです。

写真下は、西小山にオープンした保護シェルター里親カフェ「にゃんだん邸」の友弘代表。

皆さんに「地域ネコ」「動物察処分ゼロ」等のさまざまな問題をお伺いしました

小さい時から、秋田県と土佐犬の雑種にまたがり、猫たちと寝ていて動物園が大好きで、大きくなったら動物園の園長さんになるのが夢でした。

「小さな大切ないのち」を守る為になにができるか?一人一人が考える事が「思いやりのある支え合いの温かい社会」に繋がると考えます。

壁に貼ってあった「マハトマ・ガンジーの名言」が印象的でした。

「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」

 

IMG_4783[1]IMG_4797[1]「羽田空港のこれから」の安全性の問題(写真上)

「中央緑地公園」についての問題(写真下)

「在宅医療」について「経済問題」等の区民相談に今日もピンクの自転車で走りました。

なかなか難しいご相談もありますが、皆様の声を大切に、真剣に取り組んでいきます。

IMG_4834[1]IMG_4860[1]IMG_4839[1]9月7日(水)からリオデジャネイロで開催されるパラリンピックに、目黒区在住の小野華子さん(水泳)と、区職員の大西瞳さん(陸上競技)が出場します。

障害者競泳女子の視覚障害S11(全盲)クラスで活躍する小野さんは、ロンドン大会に続いて2度目のパラリンピック出場です。

大西さんは6月4日開催された2016ジャパンパラ大会T42(大腿切断など)クラス女子100mで、アジア新記録で優勝するなどの実績により、パラリンピックへの出場となりました。(めぐろスポーツニュースより)

目黒区民・区職員の2人をはじめ、頑張れニッポン!

IMG_4858[1]IMG_4527[1]IMG_4524[1]金曜日の祐天寺駅朝の街頭で、「いいじま和代区政だより」14号配布

皆さまからのご要望をお伺いして、「祐天寺駅構内のトイレ」の設置の実現できた話を、させて頂きました。(写真)

街頭でも、朝のお忙しい中たくさんの方々から、声をかけて頂き、ご意見ご要望もお伺いする事ができました。

これからも、皆様の声をしっかりと届けてまいります!

IMG_4843[1]IMG_4845[1]今日は、天気の心配なく1日区民相談に、区役所を出たり入ったりとピンクの自転車で走り回る事ができました。

区民相談から何とか、ギリギリで8時からの町会の「夜警パトロール」には間に合いました

地域のパトロールで区民相談を受けたり、町会内のスズメバチ問題や樹木の枝の問題やごみ問題等地域の課題が見えます。

油面公園の鷹の「ツミ」の写真を皆さんに見てもらい、大盛り上がりでした。