menu

P1070473P1070474目黒区総合庁舎の1階ロビーにて、目黒区食品衛生協会と目黒区保健所による「食品衛生パネル展と相談窓口」が開催されていました。

「夏の食品衛生ミニクイズ」に答えると景品がもらえます。

1、昼食後におなかをこわして食中毒になった。原因はランチメニューだ。

2、新鮮な鶏肉を扱っている飲食店の「とり刺し」なら、安全だ。

4、調理器具にはアルコールスプレーして、ノロウイルスを消毒している。

5、常に使い捨て手袋をはめているお店なら衛生的だ。

後から答えをいただきましたが、2、の答えは「新鮮な鶏肉だったら大丈夫!」と考える人がいますが、それは間違っています。鶏肉にはカンピロバクターという食中毒菌がついていることが多いので、よく火をとおしてから食べましょう。新鮮な鶏肉のほうがカンピロバクターの菌数は多く、十分に加熱調理することが大切なのです。

勉強になりました。

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代