Twitter
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

Archive for 2015年 8月

P1070621P1070609公明党青年委員会イメージキャラクター「コメ助」のぬいぐるみ

性別:おとこのこ

好きな食べ物:白米

好きなことば:「実るほどこうべをたれるいなほかな」

「コメ助メモ帳セット」「コメにちわ ふせんメモ」「コメ助 ぷくぷくシール」もあります。

日本人の大好きなお米。何だかほっこり癒されます。

P1070606東京都は、各家庭において、首都直下地震等さまざまな災害に対する備えが万全となるよう、一家に一冊常備され、日常的に活用できる防災ブック「東京防災」を作成し、都内の各戸に9月1日より順次配布スタート!!

①大地震シュミレーション

②今やろう 防災アクション

③そのほかの災害と対策

④もしもマニュアル

⑤知っておきたい災害知識

⑥漫画ТОKYО“X”DAY

ひとりひとりの取組みがみんなの命を守ります。

災害はいつ起こるかわかりません。

被害を最小限に抑えるためには、日ごろの備えが大切です。

「防災の日」をきっかけに、家族や友人、地域の人たちと一緒に、できることから始めましょう!

P1070586P1070599地震発生時に電気ストーブなどの電熱器具を使用していた場合、地震発生と同時に停電し、器具類も消えているのでそのまま避難。

電力供給再開時に電気ストーブなどの落下物から出火という「通電火災」があります。

地震などの非常災害時には、ブレーカーが落ちる器具を取り付けるのが一番ですが、ブレーカーは高い所にあるので、災害時にブレーカーを切るためのひもを付けておくのも良いかと思います。(写真下)

目黒区は火災死亡者ゼロを更新中です!「火の用心!」

<地震に備えて>テレビや冷蔵庫は倒れない工夫を!分電盤の位置確認を!

<地震が起きたら>使っている機器のスイッチ切って、プラグを抜いて!避難する時はブレーカーを切って!災害時にはエレベーターには乗らないで!

※切れて垂れ下がった電線には、絶対にさわらないでください。

 

 

P1070603P10705842013年度 第3回定例会の一般質問において、「聴覚障がい者災害時バンダナ」の周知と支援の呼びかけを訴え、目黒区役所でも配布可能になりました。

「耳がきこえない」と言う事は、見た目ではわかりません。特に災害時では、情報が届かないことや、手話や筆談でのコミュニケーションが必要なことを自らアピールしていくことも大切です。

上の写真のバンダナは「手話や筆談での支援ができる」ことや「聴覚障がい者への理解を持っている」健常者の目印になるように、聴覚障がい者・健常者共にデザインされたバンダナです。

私自身、さまざまなところで皆さんに知っていただく為アピールしています。

今回、東京都から配布された「手話」と書かれたチョッキ(写真下)の要望をお伺いしたので、さっそく斎藤やすひろ都議にお願いしました。

 

P1070577P1070576障がい者団体の方々の要望をお聞きし、2011年の決算特別委員会にて、災害時要支援者の対策について質疑し、第一避難所にコミュニティー支援ボードを置くよう要望しました。

そして目黒区内の第一避難所40か所に「コミュニケーション支援ボード」の設置が実現しましたが、まだまだ知らない方も多いようです。

今回も「安否確認・避難支援訓練」のところにあり、説明がありました。

言葉でコミュニケーションが取れない方たちのために、さらに「コミュニケーション支援ボード」の普及・啓発に努めてまいります。

P1070581P1070595目黒区立宮前小学校で「目黒区総合防災訓練」が実施されました。

<目的>

区、防災関係行政機関等及び区民が一体となって、地域防災計画の内容を反映した訓練を行い、区と防災関係行政機関等との連携及び「自らの身の安全は自らが守る。自分たちのまちは自分たちで守る。」という意識に基づく「自助・共助」、「防災関係行政機関等による公助」との連携を強化し、地域防災力の向上を図る。

地域集団避難訓練、避難所開設訓練、安否確認・避難支援訓練、応急危険度判定訓練、給水訓練、区民給食訓練、救出救助訓練、期間PRコーナー、初期消火・起震車・煙ハウス等の個別訓練が行われ小雨の中大勢の皆さんが参加されました。

 

 

 

P1070563P1070570昨日・今日と小雨の中でしたが、「早朝ラジオ体操メンバー」は集まりました。

朝から総支部の打ち合わせがあり、その後、区民相談の約束の五本木のお宅に、ピンクのカッパを着てピンクの自転車で直行!

近隣の皆さんより、危険な電信柱があり、幾度となく事故が起こりそうになっている為、事故が起こる前に何とかして欲しいとの要望をお聞きしました。(写真上)

葦毛塚のところは、はちょど目黒区と世田谷区との境で、世田谷区の道路でした。

公明党のネットワークを活かし世田谷公明党の津上ひとし区議に連携をとり、夕方待ち合わせをして現場を見てもらいました。(写真下)

津上区議は、さっそく世田谷の土木課と相談して検討してくれるとの事、私も皆さんが住んでいるのは目黒区なので、目黒区民の安全を守る為に、世田谷区に要望をお願いします。

P1070552P1070554祐天寺駅のガード下が、「暗くて通るのが怖い!」

「タバコを吸う人のたまり場になっていて煙がすごくて通れない!」

「足を前に投げ出して何人も座っているので、女性が通れない!」

等々の声を、祐天寺ガード下を通る女性の方々から、聞いてお願いして、

電気を付けてもらったり、「禁煙」の張り紙を付けてもらったりと、これまでもいろいろと対応をしていただきました。

策を付けてこんなにキレイになり、感激!

女性もとても安心して通れるようになりました。ありがとうございました。

 

P1070546P1070548港区の白金台「いきいきプラザ」を視察させて頂きました。

港区は「いきいきプラザ」が16館あり、多彩な教室・講座を開催、筋力アップマシントレーニングで健康づくり、イベントやバスハイク、敬老室や無料のお風呂、地域の交流や活動の場になっています。

また「芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ」や「台場高齢者在宅サービスセンター」を設置しています。

入り口に「証明書自動交付機」がありますが、港区は各種証明書をコンビニエンスストア(コンビニ)で取得できるサービスを始めた為、平成27年9月19日に児童交付機を撤去します。とのお知らせが書いてありました。

目黒区でも今後、コンビニに設置された多機能端末機による証明書の交付ができる方向で検討が進んでいますが、犯罪に結びつかないよう、ソフト面のきめ細かい対応が必要と考えます。

P1070543P1070545午前中は、議会運営委員会があり、その後公明党区議団で打ち合わせを行いました。

午後は、平成27年度補正予算の勉強会、そして常任・議運・特別委員長会で、議長が公務の為、副議長として職務を代行させて頂きました。

東京都宅地建物取引業協会 目黒支部の皆さんからは、いろいろとご要望をお受けしました。(写真上)

また、9月20日(日)の「目黒区民まつり」(写真下)では、東京都宅地建物取引業協会で住宅フェアにおいて「住宅相談」を行うそうです。是非この機会に何でもご相談を!との事でした。

※献血も行っているので、そちらもご協力宜しくお願い致します。