Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

P1050545参院予算で公明党から永沢広明参院国会対策委員長と杉久武氏が質問に立ちました。

長沢氏は、政府が今国会での提案を予定している労働基準法改正案に関して、「働きすぎの防止へどのように取り組むか」とただしました。

杉氏は、公明党成年委員会の提案を反映し政府が今国会に提案した、ブラック企業被害を防ぐための若者の雇用促進法案(青年雇用促進法案)について質問しました。

杉氏は、全国28万超への調査を基に党青年委が2013年6月、安倍首相にブラック企業対策を強く求めた結果、同年9月に若者の使い捨てが疑われる事務所への立ち入り調査が実現した点に言及。「ブラック企業対策を前進させ、国を動かしてきたのは公明党だ」と訴えました。

<青年雇用推進法案>公明の提言が繁栄された項目

●企業が新卒者に職場情報を提供するよう義務化

●サポステ整備などに必要な措置を講じると明記

●雇用管理が優良な中小企業を認定

●法令違反を繰り返す企業の(新卒)求人をハローワークで受理しない

コメントは受付けていません。