Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

Archive for 2014年 7月

まちづくり活動団体「めぐろコミュニティガーデン」の皆さんと、いつもの清掃活動場所の「中町せせらぎ緑地公園」で集合して、暑い中でしたが、歩いて目黒区清掃工場の見学に参加させて頂きました。

東京二十三区清掃一部事務組合の方から説明を受け、プラットホーム、ごみバンカ、蒸気タービン発電機、中央制御室、焼却炉の見学。

その後、清掃リサイクル課計画普及係より「資源とごみ」について話を伺いました。

ごみクレーンがごみをかき混ぜ均一化して、ごみホッパに投入し焼却炉に送られる所を見る事ができましたが、ごみバンカのすごい量のゴミを見ると、1人ひとりがいかに意識してゴミを減らすかがとても重要だという事を実感します。

ごみの減量を目指して、「雑がみ」のリサイクル、生ごみのダイエット、使用済み小型家電の回収等、今後も「ごみ減量と資源の分別」を呼び掛けていきたいと思います!

油面小学校の夏休みラジオ体操が終わり、今日より油面公園のラジオ体操に戻りました。

やはり、大きな樹がある公園は、涼しくて気持ちいいです。

小学校のラジオ体操から、移動してきた方々で今日はたくさんいらっしゃいました。

「ロコモ予防」に皆さんも是非参加して、1日スタートしてみてください。

夏休み中を子どもたちも多く、「ピンクの掃除のおばさんゴミ落ちてたから拾ってきたよ!」と清掃活動を手伝ってくれます!

区役所に出入りするたびに、ずーっと気にかかっていたのですが、目黒区役所の顔の南口玄関の植木が、暑さのせいか?枯れてしまっていました。

やはりこのままではいけないと思い、総務課(庁舎管理係)にお願いに行きました。すぐに見に来てくれ、対応してくれるとの事。

どういう風にキレイになるか楽しみです。お金をかけなくても、折り鶴ランを増やすだけでキレイな玄関の入口になります。

暑い中、また平日の夜にもかかわらず、区民センターホールが満席で立ち見が出るほど、大勢の皆さんに集まっていただきました。

まずは斉藤都議より平成27年度統一地方選挙6人の区議の公認御礼がありました。

その後、西田まこと参議院議員にきていただき、実際に与党協議会に関わり、閣議決定でなにが決まったのか?等の話を伺いました。

「自衛の措置」限界示し、外国防衛が目的の集団的自衛権は認めず。憲法解釈の基本を継承、今後も「専守防衛」は不変。安全保障法制と公明党の対応等わかりやすく説明していただきました。

区民生活及び健康福祉等について

すくすくのびのび園、心身障害センターあいアイ館、自立支援センター目黒寮、特別養護老人ホーム東山、目黒区美術館の視察を行いました。

各施設、駆け足であまりじっくりと話が聞けなかったので、後日個人的にお伺いしようと思います。

全員参加型社会を目指して~多世代が経験を分かち合う

会場:イイノカンファレンスセンター

開会挨拶:小野田 壮(内閣府大臣官房審議官)

基調講演1「あたたかく助け合う地域社会へ」堀田 力(さわやか福祉財団 会長)

基調講演2「全員参加型社会を目指して」樋口 恵子(高齢社会をよくする女性の会 理事長)

高齢社会対策説明:宮島 悦子(内閣府高齢社会担当参事官)

第1分科会:「地域社会活動の活性化」パネラーに目黒区の佐々木 照子さんが参加され、目黒区で28年間続けて来られた調理配食ボランティアの話をされました。

10時~夕方まで1日がかりのフォーラムでしたが、とても勉強になりました。

以前一般質問等の時に話を伺ったりと、とてもお世話になっている樋口 恵子先生と共に写真を撮らせていただきました。

82歳とは思えない若々しく燐とした樋口先生の姿が、高齢社会の女性の見本です。

目黒通りに出る手前の道の電柱の補助に自転車のペダルが引っかかってしまい、危なく車の方に倒れそうになりとても危険な思いをしたので、何とかして欲しいと連絡がありました。

さっそく見に行くと、道路が細い割に、交通量が多く、自転車も確かに危険でした。特に夏休みで自転車も増える為、事故にならないよう月曜日には、どうにかならないか相談してみます。

油面公園にて中央中町会、中町東町会、目黒原町会、目黒小滝町会、中目黒五丁目町会の5町会による「防災訓練」が行われました。

初期消火訓練、応急救護訓練、B級可搬消防ポンプ取扱い訓練を町会交流も兼ねて、1月~6月生まれのグループと7月~12月生まれのグループに分かれて行いました。

とても暑い中でしたが、木陰のおかげで思ったよりも汗だくにはなりませんでした。

5人グループになっての初期消火訓練では、1番でしたが競い合うというだけで、慌ててしまうものだとつくづく感じました。

日頃の訓練にまさるものは、ありません。皆さん、是非お誘い合わせの上ご参加ください。

「もえぎの会」総会でアルコール依存症社会復帰施設のNPО法人「SUN」の土屋管理責任者より、目黒リバーサイドフェスティバルで区民センターホールにて「SUN&アミカ」による「手話ダンス」を行うので是非見に来てください!とお誘いいただき、ピンク自転車を走らせました。

第51回目黒区商工まつり「元気な区内企業と区民の夏まつり」「目黒リバーサイドフェスティバル」

暑い中大勢の方が、産地野菜販売出店市町村、職業体験イベント、めぐろ「夢」こどもプロジェクト等さまざまなイベントを楽しんでいました。

さっそく区民センターホールに行き「手話ダンス」を教えていただき、一緒にさせてもらいましたが、歌だけよりも手話でより歌詞がわかりやすくなり、感動でした。

「手話ダンス」が終わって声を掛けられ振り向くと、山本衆議院議員と山田会長も来ていて、メイン会場を一緒に回りましたが、

目黒区商工会まつりでは、循環型エコイベントを目指して分別回収を行い「ごみゼロチャレンジ実施」の取り組みを行っています。

明日の27日日曜日もさまざまなイベントが行われますので、熱中症には注意して、是非足を運んでみて下さい。

社会福祉法人 「もえぎの会」の後援会総会、事業報告会および懇親会が、目黒区総合庁舎2階 大会議室で開催されました。

「もえぎの会しいの実社」の野村理事長と山本衆議院議員と一緒の写真は、フェイス・ブックの方ににアップさせていただきます。

写真は、左から公明党の山本ひろし参議院議員(財務大臣政務官)、私が議員になる前からお世話になっていた心の病支援施設 社会福祉法人「みきの会」の白子理事長、右は山本衆議院議員と同じ慶應大学同士として、そして手をつなぐ親の会のメンバーとして以前から交流がある、目黒区障がい者団体懇話会 目黒区手をつなぐ親の会の山田会長。

「ひとつの節目を超え、新たな段階に入ったもえぎの会では、新たにしいの実社に入所を希望される方にお応えするために、定員を40名から50名に増員し、さらに支援の充実を図るべく取り組み、目黒で、地域に理解され、地域に根付き、地域に貢献できる会でありたいと考えております。」との理念が、地域に愛され発展していると感じます。

懇親会では、障がい者支援に力を入れている山本衆議院議員と共に、さまざまな方々と懇親を深める事ができました。