menu

「ふれあいボランティア」パスポート」はさわやか青少年センターが、学校単位で全国の児童・生徒のボランティア活動の「きっかけ」づくりや、ボランティア活動の記録をつける事でボランティアの履歴を見られるようにしたツールです。

人とのふれあいの中で、生きる力を育成し、またいじめをなくす為に、人の心の痛みがわかる教育として、区立の小・中学校に「ふれあいボランティア」パスポートの導入できないか議会で訴えました。

現在は目黒区では、中目黒小学校、上目黒小学校、中央中学校、第八中学校が「ふれあいボランティアパスポート」を導入しています。

今回、ボランティアをした感想文の中から、目黒区立目黒中央中学校2年の高橋さんの「ボランティア活動で学んだこと」が選ばれました。

感想文の最後には、「誰かのために役立てる喜びを知ることができて、私は幸せだしありがたいです。」とありました。

多くの子どもたちに、ボランティア活動で「思いやりの心」を育ててあげたいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代