menu
バックナンバー 2013年 6月

斉藤やすひろ都議は北側一雄衆議院議員(元国土交通大臣)の秘書をしていた為北側衆議院議員が応援に駆け付けてくれました。

がんばろう!目黒 石巻は共にがんばります!とのメッセージと

津波に流されても負けずに発芽・開花した「ど根性ひまわり」の種を石巻の方々からいただきました。

「ど根性ひまわり」を真ん中に勝利を誓い合いました!

テラ通り商店街と祐天寺ガード下の長年の「ゴミ問題」がやっと地域の方々のご協力により解決したのですが、

そのガード下の手前のゴミ置き場が、通りがかりの人によるゴミのポイ捨てが多くなってしまったとのご相談を受けました。

何とかここもキレイになるように頑張ります!

斉藤都議の元に、祐天寺駅のガード下が、夜暗くて通るのに非常に怖いのだが、明るくならないか又タバコの件等のご要望があったと連絡がありました。

公明党の団結したネットワークが、大きな力です!

さっそく土木課に相談したところ、灯りをつけてくれて、ガード下が大分明るくなりました。

タバコの件は、地域の商店街の方たちと話し合い、何が一番地域にとってベストか話し合いを持ち、より良い地域にしていく事になっています。

犯罪のない明るいキレイな「安心で安全な目黒」にする為に、地域の皆さんと対話を重ねていきたいと思っています。

竹谷 とし子参議院議員、浮島 とも子衆議院議員、中野 洋昌衆議院議員が応援に駆け付け、中目黒駅の事務所開きが行われました。

雨の中、2時、4時、6時とたくさんの皆さんにお集まりいただきました。

明日は、斉藤都議が秘書をしていた、北側 一雄衆議院議員が応援にきてくれる予定です。

五本木の少し坂になっている道の「ガードパイプ」が錆びている為に、足の悪い高齢者の方がつかまれないし、少し寄りかかって休むことも出来ないので、綺麗にして欲しいとのお声を聞きました。

土木課より調査していただいたところ、錆がひどいとの事で、ペンキを塗り直して綺麗にしていただきました。

皆さんが気持ち良く、住みやすい目黒になるように、今後も連携をとり、頑張ります!

五本木上町会の小林町会長が、いち早く「スタンド・パイㇷ゚」の必要性を感じ、強く要望。

公明党斉藤やすひろ都議会議員にお願いし、町会で「スタンド・パイプ」を設備することができました。

今回の防災訓練に向け、婦人だけでスタンド・パイㇷ゚を使えるよう練習したそうです。

練習の成果があり、テキパキと手順良く消火栓に取り付けて放水し大成功でした!

地域の絆、助け合い、支え合いの大切さをつくづく感じました。

マンションの方々と五本木上町会の皆さんも参加し、消防署の方から講習を受けながら、実際に訓練を行いました。

マンション各階の安否確認、崩壊したがれきからの救出、消火訓練等暑い中でしたが、たくさんの方が参加されました。

公明党「斉藤やすひろ都議」も駆けつけました。

町会婦人部の方たちは、折り畳み式のヘルメットでバッチリ決まっていました。

目黒区中小企業センターホールにて太田昭宏衆議院議員 国土交通大臣と

目黒区総合庁舎の大会議室で「絵本カーニバル」が行われ、読み聞かせもあり大盛況でした。

「絵本カーニバル」とは

厳選した国内外の絵本で会場を彩り、絵本を通じてさまざまな世代が繋がることのできる場所をつくる活動を続けています。

「絵本カーニバル」の特徴

●絵本を楽しむ

●空間が変わる

●コミュニケーションが生まれる

特定非営利活動法人「絵本カーニバル」の坂平事務局長にいろいろお話を聞きました。医療機関での絵本カーニバルは、小児病棟に入院している子どもたちやその家族、医療スタッフに向け開催していると聞き感銘をうけました。

今回は今日1日の開催ですが、たくさんの親子があつまり絵本の世界を楽しんでいました。

1日だけではもったいない!もっとやって欲しいとの意見をお伺いしました。

「絵本の力」で人の心を動かし、温もりある世の中に変えていけると革新します。

私も茨城の「子どものアトリエ教室」では大好きな絵本をたくさん集めて「読み聞かせ」もしていましたが、これからますます子どもも大人も絵本の必要性を感じます。

いつもの区役所のの大会議室とは思えない、とっても素敵な空間にたくさんの親子の笑顔があふれた1日でした。

目黒中央中学校区地域教育懇談会主催の「あいさつ運動」に町会、民生児童委員、青少年委員、PTA役員等たくさんの方々が参加しました。

子どもたちの安全を守るために朝早くから皆さんお疲れ様でした。

地域の大人が子どもたちに声を掛け合い、地域で子どもを見守り育てることが理想ですね。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代