menu

写真は総合庁舎1階に展示された「目黒区男女が平等に共同参画する社会づくり条例」

区有施設等調査特別委員会があり、議題は区有地、区有施設及び施設配置のあり方に関する調査について

①目黒施設白書に対する区民募集の実施結果について 

②「目黒区施設白書」区民説明会の開催結果についての報告事項がありました。

区民説明会終了後、区民の意見をただ聞くだけで反映されないような気がするとのご意見を伺いました。

今回中町1丁目の区営アパートの全面改善工事にあたり、いろいろご相談を受けましたが、比較的スムーズに進んだかと思います。ご高齢の一人暮らしの方も多く、住宅課の方がお知らせをポストに入れるだけではなく、1軒1軒ていねいに声をかけてくれ、対応してくれたことが、とてもありがたかったとの声を多く伺いました。遠回りのようですが、一方的ではなく「対話」をすることの大切さをつくづく感じましたs。

また、以前よりご相談を受けていました、男女平等・共同参画センターについて質疑しました。

23区で最初に共同参画条例を立ち上げた目黒区として、もっと存在意義を強くアピールし区民への認知度を高めるべきであること。

区民より、敷居が高い、入りにくい、暗く固いイメージとの声をお聞きし、愛称をつけるや場所の移動等の意見があることをふまえ、再度検討することを確認しました。

男女が共に輝く社会にする為に今、男女共同参画社会が注目を浴びています。

男女共同参画とは、「人にやさしい労働環境」を実現することです。それはまた、社会の多様な人々の力を最大限に生かすことにもつながります。つまりより豊かな生産的な社会を実現することとも、両立するのです。

目黒区として、どこの区よりも皆さんが意識を持って参加が出来るよう推進をしていきたいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代