menu

目黒区総合庁舎の大会議室で「絵本カーニバル」が行われ、読み聞かせもあり大盛況でした。

「絵本カーニバル」とは

厳選した国内外の絵本で会場を彩り、絵本を通じてさまざまな世代が繋がることのできる場所をつくる活動を続けています。

「絵本カーニバル」の特徴

●絵本を楽しむ

●空間が変わる

●コミュニケーションが生まれる

特定非営利活動法人「絵本カーニバル」の坂平事務局長にいろいろお話を聞きました。医療機関での絵本カーニバルは、小児病棟に入院している子どもたちやその家族、医療スタッフに向け開催していると聞き感銘をうけました。

今回は今日1日の開催ですが、たくさんの親子があつまり絵本の世界を楽しんでいました。

1日だけではもったいない!もっとやって欲しいとの意見をお伺いしました。

「絵本の力」で人の心を動かし、温もりある世の中に変えていけると革新します。

私も茨城の「子どものアトリエ教室」では大好きな絵本をたくさん集めて「読み聞かせ」もしていましたが、これからますます子どもも大人も絵本の必要性を感じます。

いつもの区役所のの大会議室とは思えない、とっても素敵な空間にたくさんの親子の笑顔があふれた1日でした。

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代