Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

Archive for 2013年 3月

目黒区美芸作家協会展

34種目・144点の手工芸展 目黒区美術館区民ギャラリー(地下)

写真は創作人形 山路さん作品「ピエロの意匠」

アートフラワー、はり絵、和紙絵、七宝焼、キャンドル、木工、陶芸、バードカーピング、ビーズフラワー、ビーズ、シュガークラフト、仏像彫刻、木彫り、和服リメイク、編み物、碑文谷彫、ポルトガル刺繍、刺しゅう、トーペイント、アメリカンフラワー、現代押し花アート、日本刺繍、創作人形、パッチワークキルト、友禅染、押し花絵、木目込み人形、押し花、人形、創作陶磁器人形、ミックスメディア等見事な作品ばかりでした。

首都高速道路の大橋ジャンクションの屋上を利用して、高さ約30メートルに整備された公園「目黒天空公園」がオープンしました。

大橋ジャンクションは、高架を走る渋谷線と地下の中央環状線を結ぶ施設。

高低差が約70メートルあるため、楕円形の建物の中に、一周約400メートルのらせん状の連結路が4層に重なっています。

庭園は連結路の上にあり、回遊式の散策路には樹木や芝生が植えられています。

目黒天空庭園開園式後、オーパス夢ひろばを中心とした大橋地区再開発エリアにおいて、「オーパス目黒大橋まちびらきフェスタ」が開催されました。

公明党目黒総支部 総支部長 斉藤やすひろ と目黒区議6人で、青木目黒区長に署名を提出しました。

●「防災・減災総点検」の早期実施と更なる環境整備を求めます。首都直下型地震に備えるための4点

  署名人数 7257名

●自転車の安全利用のための環境整備を求めます。自転車条例・自転車総合計画について、路線表示の設置等について4点

  署名人数 7798名

●生命を守る「がん対策」の充実強化を求めます。乳がん・子宮頸がんについてや受動喫煙防止について等5点

  署名人数 6863名

皆様の署名のご協力に心から感謝すると共に、今後皆様のご意見が早期実現できるよう一丸となって頑張って参ります!

今年は、満開の桜が祝う中、中学校・小学校の卒業式が行われました。

新聞の「名字の言」にある小学校の卒業式で、PTA会長が「多くの人に感謝を伝えよう」と児童に贈った言葉が掲載されていました。

まずは「ありがとう」の「あ」で、あの人、この人と思い浮かべる。

「り」は隣人、地域の人に感謝。

「が」は学校の先生、職員に。

「と」はともだちに。

「う」は内の人(両親や祖父母、保護者)に・・・・・。

そして、最初に戻って「あ」。

あなたたち自身に、よく頑張ったと自ら礼を言い、褒めてあげようーと

またその後の記事に「恩」という字は、原因の「因」を下から「心」が支えている。今の自分があるのは、さまざまな人の励ましが因となっていることを、常に心の奥底で感じ、感謝を忘れてはなるまいとありました。

忙しい毎日を過ごしていると「感謝」を忘れがちですが、卒業式で改めて、たくさんの方々の支えがあって今の自分があると振り返ることができました。

油面公園にて7町会による防災訓練があり、たくさんの方が参加しました。

●避難誘導訓練

●町会のD級ポンプを連結しての消火訓練

●身の回りの物でできる応急処置、救出救助

●日赤と共同で炊飯訓練など

今までの訓練と違い、自分たちで考えて行う訓練で、戸惑いながらも課題が見えて、とても有意義な訓練でした。

やはり皆さんの心配は、火災と飲料水で、消火栓から直接取り付ける「スタンドパイプ」が町会に欲しいとの意見が多くありました。

斉藤都議が、消火栓とスタンドパイプを活用した仮設給水栓を推進した話もさせていただきました。

見学しているだけではなく、実際に住民が何をどうしたら良いか、考えて行動する訓練の必要性を強く感じました。

目黒に住む、司会の「赤プル」さんが、始めに場を笑いで盛り上げてくれ、テンポの良い漫才に固い会場が、いっきに和みました。

私も久しぶりに聞く「だっぺ」の茨城弁が懐かしく、報告会後、目黒から茨城に嫁いだ頃の話に花が咲きました。

目黒区民センターにて斉藤やすひろ都議の都政報告会が行われました。

晴天に恵まれ約400名の方々で会場は満席となりました。

山口那津男代表があいさつの中で、「東京都は新しい政策を生み出す要の場所だ」と強調し、予防保全による橋の長寿命化・コスト抑制など、都議会公明党が実現した政策が全国に広がっていることを紹介しました。

斉藤都議は、消火栓を活用した応急給水の導入やサービス付き高齢者向け住宅の拡充などの実績を挙げ、「すぐ動き、困っている人を笑顔にするために闘い抜く」と力強く訴えた。

今日から15日まで「特別予算委員会」がはじまりました。

栗山委員長(自民党)の補佐として副委員長を務めさせていただきます。

祐天寺にお店がある山崎さんに、作ってもらったピンクのジャケットを着て頑張ります!

古屋範子衆院議員に来ていただき、中目黒スクエアにて「女性のための政治学習会」を130人程参加して行いました。

新たな生活困窮者支援制度として、①生活困窮者への包括的な相談支援事業の創設

②生活訓練、社会訓練などの就労準備をするための訓練を有期で実施する事業の創設

③一般就労が困難な生活困窮者に中間的な就労の場を提供する事業の育成支援と、一般就労を受け入れた事業者に対する支援

④離職などで住居を失った生活困窮者に対する期限付きの家賃補助の制度化を要望した事

また、生活保護世帯で育った子どもが大人になって再び受給者となる「貧困の連鎖」を断ち切るため、生活困窮家庭の子どもへの学習支援などを実施する事業の創設や、生活困窮者の家計収支などに関するきめ細かな相談事業、住居がない生活困窮者に衣食住を提供する事業の創設などを求め、厚労省に申し入れた事を熱く話してくださいました。

自由が丘で配布した「女性の」健康が社会の元気につながります」のフラッパーカード

がんを防ぐための新12カ条、女性のライフサイクルと各種健康診断、食事バランスガイドで食生活をチェック、健康のための食事と運動等々ためになる情報満載!