Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

Archive for 2013年 1月

「あなたの大切な人を、そして誰かの大切な人の命を救うために。」

区議会議員普通救命講習会が実施されました。

救急車が養成を受けてから現場に到着するまでの平均時間は、東京都内で6~7分です。しかし、この救急車到着までの空白の6~7分間が傷病舎の生命を大きく左右することになります。

救命曲線によると、心臓や呼吸が止まった人の命が助かる可能性は、その後の約10分間に急激に少なくなっていきます。そのことからも、傷病者を救命するためには、バイスタンダーによる応急手当が不可欠といえます。

今日は3時間かけて、心肺蘇生、AEDによる除細動、軌道異物除去、応急手当等を講師の方から教えていただきました。

胸骨圧迫と人工呼吸の心肺蘇生のサイクルに汗だくになりました。

他人を救おうとする社会が自分を救う。傷病者が発生した時、放置することなく、誰かがすぐに応急手当を行うような社会にすることが必要です。そのためには、まず、なたが応急手当の正しい知識と技術を覚えて、実行することが大切です。他人を助ける尊い心(人間愛)が応急手当の原点です。との言葉が心に残りました。

※写真は、真剣に「心肺蘇生」訓練ををおこなう山宮区議です。

画学生時代は、良く芸術仲間とジャズ喫茶や小劇場に行った懐かしい思い出の下北沢に久しぶりに行きました。

北沢タウンホールの7階の「世田谷トラストまちづくり課」で

家をひらいて地域の居場所にする「地域共生のいえ」について

みどりを育て、みどりでつながる「小さな森」についてなど、いろいろとお話を伺ってきました。

今日は、朝6時から道路の雪かきをしましたが、凍っていて大変でした。そして、母親をディサービスに送り出してから、慌てて公明党本部の議員総会に行きましたが、まだまだ雪が残っていて滑りそうで早く歩けませんでした。

帰って来てから、雪国育ちの佐藤ゆたか区議と共に、中町の総支部事務所付近の雪かきをしながら、高齢化の進む東北の、雪かきの大変な現状を聞きました。

大雪の中、めぐろパーシモンホールにて「平成25年 目黒区成人の日のつどい」が行われました。皆さん振袖で歩くのも大変そうでしたが、「ホワイト成人式」で良い思い出になりますと嬉しそうでした。

オープニングは、「みどりがおか幼稚園児」による元気な、お祝いの言葉と合唱と踊りでした。成人の皆さんも「かわいい~!」との歓声で盛り上がりました。子どもたちの踊りに、あたたかい手拍子で会場が一つになり「、子どもたちのパワー」を感じました。

式典後は、目黒区の「自由が丘スイーツフォレスト」の美味しいケーキを食べながら、大雪にも負けず楽しい会話で賑わっていました。

一人一人が、大きな夢に向かって挑戦し、自分らしく輝けることを祈ります!

目黒区民センターホールにて「消防団始式」がおこなわれました。

消防団員は、仕事や学業、家などに従事しながら「わがまちを災害から守る」という使命感のもと、地域防災の要として幅広い活動を行っています。

特に地域の皆さんとのふれあいを大切にした活動は、災害に強い安全な街づくりの実現に欠かせないものです。

優秀分団、優良消防団員、家族感謝状など、たくさんの方たちが表彰されました。

写真は、今回優良消防団員で表彰された川原区議です。武藤幹事長もベテラン消防団員です。そして、佐藤区議も入団予定です。

消防団員の皆さんの地域を災害から守るため、一生懸命に活動する姿に、感謝で頭が下がります。

<目黒消防団員募集中>

消防団員が不足しています。入団資格は18歳以上で、目黒区に居住または勤務されている健康な方で男女を問わず入団できます。

目黒消防署 防災安全係 03(3710)0119 内線(320)

第17回 目黒区ティーボール連盟総会が、渡部弘会長中心に、目黒区総合庁舎大会議室にて行われました。

生涯スポーツ・ティーボールを通し区民の健康増進ならびに地域のコミュニティを図るため「目黒区ティーボール連盟」を平成9年1月に設立されました。

平成16年4月に「NPO目黒体育協会」に加盟し、同10月には日本テレビの「ぶらり途中下車の旅」でティーボール目黒が紹介され大きな反響をよびました。

「防災・復興と男女平等・共同参画」

3・11フクシマ地震・津波・原発事故で生きる姿勢は変わりました。

目黒区の防災計画は男女平等・共同参画になっているでしょうか。

中目黒スクエア9階 目黒区男女平等・共同参画センター会議室にて

主催:ウイメンズめぐろ

目黒区にの男女平等施策の充実にむけて、皆さんの貴重なご意見をお伺いすることができました。

「地域防災計画」に女性の視点を、災害時要援護者支援のあり方等話す時間が足りなかったので、是非じっくり話したいと思っています。

公明党東京都本部の「新春賀詞交歓会」が、都内で盛大に開かれ、山口なつお代表、太田あきひろ国土交通相はじめ政界、経済界・労働界などから多数の方々が出席されました。

席上、山口代表は、緊急経済対策の閣議決定を踏まえ「10兆円規模の大型補正予算をすべきと訴えてきた通りの結果を出すことができた。月末には補正予算を国会提出し、速やかに成立させ、実行に移したい」と強調。

また今夏の東京都議選に触れ、「東京は全国に先駆けて新しい時代を先取りする政策を生み出してきた」とし、福祉や経済、街づくりなどの分野で政策実現をリードする公明党の勝利を訴えました。

目黒区商店街連合会 平成25年 「新春賀詞交歓会」が目黒雅叙園 華つどいの間で行われました。

都立大学、柿の木坂、八雲、平町、自由が丘、大岡山、西小山、洗足、学芸大学、鷹番、祐天寺、清水、中央中、油面、田道、大鳥、目黒不動、権之助、中目黒、駒場、池尻と目黒区中の商店街連合会の皆さんが賑やかに集まりました。

地域活性化、地域防犯、地域防災、地域のコミュニケーション、子どもの声掛け等、ますます地域の商店が大事になってきます。

地域の商店を見直して、金額だけで選ぶのではなく、人と人の触れ合いを大切にしましょう!

お買いものには目黒区内共通商品券を是非ご利用ください。

また、クレジットと交通系電子マネーがお店で使える「めぐも・ポイントシステム」もご利用ください。

目黒雅叙園にて、平成25年目黒区「新年のつどい」がありました。

目黒区内には、13の大使館があり、今日は10人の大使が参加されました。(写真)

目黒区のたくさんの方が参加され、賑やかに懇談。25年巳年のスタートをきりました!

終了後、あわてて区役所に戻り、休み中に受けた区民相談の解決に久々に区役所中あちこち走り回り、あっと言う間に5時すぎてしまいました。

区役所から、サポートセンターに行き、センター長と目黒資料館長と話をしてフル回転の1日でした。

今年も自転車で走り回り「すっぽんの飯島」で頑張ります!