Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

Archive for 2012年 12月

掲示板20カ所に「新春あいさつ」を、お礼を言いながら貼りに回りました。

「皆様には、日頃より温かいご支援をいただき、誠にありがとうございます。

公明党は今回の衆院選に当たって重点政策「7つの日本再建」を掲げ、東日本大震災からの復興、防災・減災ニューディール、景気・経済対策などを訴えてまいりました。

有権者の皆さまのご期待にお応えするため、地方議員、国会議員が一丸となって、お約束した政策の実現に全力で取り組んで参ります。

今後とも、より一層のご支援をお願い申し上げますとともに、皆様にとりまして、素晴らしい1年となりますよう心よりお祈り申し上げます。」

12月25日~30日8時から10時過ぎまで、町会の皆さんが、雨の日も風の日も寒い中を町会内をパトロール

拍子木の音が夜空に響き「火の元用心。火の用~心!」との掛け声に、地域の暖かさを感じなんだか安心します。

夜は母の介護で毎日は、参加できませんでしたが、本当に、お疲れ様です。感謝です!

板橋区役所の前に、大きな「平和の像」が立っていました。

いたばし社協では、「誰もが安心して暮らすことのできる福祉のまちづくり」を目指し、住民主体の「福祉の森サロン活動」を応援しています。

福祉の森サロンとは、高齢者、障がいのある方、子育て世帯などの孤立や閉じこもりを防ぐために、誰もが気軽に立ち寄れる「地域の集いの場」です。

「区内に300カ所」を目標にしている福祉の森サロンは、平成24年11月1日現在、137カ所。笑顔があふれる楽しいサロンだそうです。

東京都健康長寿医療センター研究所(東京都老人総合研究所)の

社会参加と地域保健研究チームの藤原研究部長に、暮れの忙しい中ですが時間をとって頂き、いろいろと他区の状況等をお聞きすることが出来ました。

嬉しい事に、藤原先生は目黒区にお住まいです。

素晴らしい有識者の方々のお力を、今後お借りして「元気にイキイキと長生きできる目黒」にしていきたいと思います!

杉並区のマスコットキャラクター「なみすけ」平成18年に公募で選ばれました。

杉並区役所の一階にコーナーがあり、「なみすけ」のゴブレット、マグカップ、エコバック、ポチ袋、ぬいぐるみ、メモ帳、ストラップ、ボールペン、ファイル等「なみすけ」グッズがたくさん売っていました。

「なみすけ」だけではなく、妹の「ナミー」、「なみきおじさん」たちが迎えてくれました。

「支え合い共につくる 安全で活力あるみどりの住宅都市 杉並」人口総数 549,723人 世帯数 302,910戸

保健福祉部 高齢者施策課長と長寿応援ポイント担当係長にお忙しい中、いろいろとお話をお伺いすることが出来ました。

<社会福祉法人 白樺会  末田 嘉寿子理事長>

東が丘保育園・同学童保育クラブ 新施設竣工式が行われました。

当法人は昭和44年2月に東が丘で認可保育園を開設し、その後、昭和54年に学童保育クラブを併設、さらに平成11年には目黒区から東根学童保育クラブの運営を」受託して、今日まで地域の子育て支援に取り組んでこられました。

40年数年が経過する中で、建物の老朽化が進み、耐震診断を行った結果、大規模な改修が必要と指摘される状況に至ったため、園舎の建替えにとりくむことになりました。

「家庭的な雰囲気の中で自主性、社会性、創造性を養う」という保育方針で、ますます、これからも地域に根ざし地域に愛される事を願い、乾杯をしました。

平成25年 2月1日 「目黒雅叙園」の

公明党目黒総支部「新春賀詞交歓会」開催のご案内に

イチョウの黄色いじゅうたんの中を自転車で走り回りました。

イチョウ並木は綺麗ですが、落葉が滑るので、落葉の掃除が大変だそうです。

影のご苦労に感謝です。

長生きを心から喜べる社会へ 樋口恵子

「人生100年社会」-誰もが介護にかかわる時代がやってくる。

そんな時代も視点を変えれば、希望のささやきが聞こえてくる。

誰もが幸せに長生きするために“介護のある暮らし”をどう支えるか

第一章 “福祉の国”“重税の国”を訪れて

第二章 大介護時代のケアは総力戦で

第三章 大介護時代の到来

第四章 家族が変われば介護も変わる

第五章 聞こえてくる希望のささやき

樋口恵子先生にサインをしていただき、ただ今、親の介護真っ最中の一人娘としてしっかり読ませていただきます。

Xmas Concert ~めぐろパーシモン芸術文化ネットワークシリーズ~目黒区クラシック音楽家協会

会場は家族づれ等で、行列ができて満席でした。

第一部は、ソプラノ、ピアノ、バイオリン、フルートによるアベマリアやくるみ割り人形、トルコ行進曲

第二部は、ソプラノ、メゾソプラノ、合唱によるクリスマスソング

最後に皆で、赤鼻のトナカイ、きよしこの夜、ジングルベルを一緒に歌い、楽しいクリスマスコンサートでした。

<目黒区クラシック音楽家協会について>

目黒区クラシック音楽家協会は、目黒区に縁のある音楽家の親睦をはかり、クラシック音楽の普及を通じて地域文化の振興と、区民の為の豊かなまちづくりに寄与することを目的に1969年に発足されました。以来、「小・中学校のPTAコンサート」「チャリティーコンサート」「めぐろ区民まつりでのコンサート」など、数多くの公演に協力。パーシモン柿落としから始まる「めぐろクラシックセレクション」は、来春10回目を迎えます。

●土曜談話サロン「ラミヨ」ホットプレート・カフェ おしゃべりしましょう。介護のこと、子育てや暮らしのこと。

●コミュニティカフェ「いよさん家」ほっとできるスペースが五本木1丁目にオープンしました。

こういう素敵なサロンが、目黒中にできたら、私が目指す笑顔満開の「温もりある目黒」になることでしょう。