menu

さわやか青少年センターの有馬理事長に、目黒区総合庁舎に来ていただき、公明新聞の取材を受けました。

今回の一般質問でしました「ふれあいボランティアパスポート」の説明を再度していただきました。

<さわやか青少年センターについて>

さわやか青少年センターは、青少年一人ひとりの「生きる力」の根幹となる「人間力」(自ら意欲的に生きていこうとする“自助の力”と、みんなで助け合って生きて行こうとする“共助の力”)を青少年が自ら育むよう支援する団体です。

「人間力」を育むには「体験」が重要です。「体験」の場は子どもと社会との接点であり、子どもたちは人々の関わりや様々な機会を得て、意欲や自己肯定感、思いやりの心など、自助の力と共助の力を育んでいきます。

当センターは、様々な人々と出会い、ふれあう幼児期・少年期の「遊び」や青少年期の「ボランティア活動」など「体験」への参加を保護者や地域の皆様、学校や行政、企業や団体などに働きかけて、子どもたちが自ら「人間力」を育むよう、支援しています。

併せて、子どもたちの「人間力」を育むための調査・研究を進めています。

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代