Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代
kazuyo.1.1.11@tf6.so-net.ne.jp

Archive for 2012年 5月

公明党の山本博司参議院議員、石川博崇参議院議員の視察に一緒に行かせていただきました。

●ウイングル蒲田センター(就労移行支援事業所)

●Leafジュニア蒲田(児童発達支援)

●Leafプログレス中目黒(発達障害児個別指導塾)

蒲田2か所と中目黒の視察で、たくさんの事を学ばせて頂きました。

現場の声をしっかりと聞き「公明党のネットワーク」を生かして課題に取り組んでまいります。

ハトのフンがひどくて、傘をささないと危なくて通れないとの苦情が、何人もの方からありました。

再度、「生活安全課」に相談したところ、交渉して電線に「鳥よけ」を、付けてくれる事になりました。

電線だらけで、「東電」「KDD」「NTT」「イッコム」「有線」全部がおわるのまでは、1カ月かかります。

一歩づつですが、キレイな街になるよう地域の方々と協力していきます。

 

5月25日の「めぐろ区報」の一面に掲載されましたが、6月は「環境月間」環境について考えてみませんか?

●ライフスタイルを見直そう。

●自然とふれあおう。

●環境活動の輪を広げよう。

「だれか」ではなく「わたし」から大作戦 チャレンジシートで省エネに取り組もう!

チャレンジシートに書かれている項目を実践し、記入していきます。完成したら、総合庁舎本館6階環境保全課環境情報係へ提出してください(郵便・FAX可)。記念品を贈呈します。

チャレンジシートは、総合庁舎本館6階環境保全課で配布するほか、ホームページから印刷できます。

★挑戦したい方は、言っていただければ、お届けします。

<写真>「ハートプラスの会」中村さんと公明党 山口代表

内部障害者・内臓疾患者の暮らしについて考える特定非営利活動法人

「ハート・プラスの会」中村さんが、奥様がしっかりサポートして、お二人で仲良く江戸川区から来てくださいました。

「ハート・プラス」マークの区内設置を昨年の第4回定例本会議における一般質問で提案し、

目黒区の総合庁舎内の多目的トイレ13カ所、障害者用駐車場4カ所に「ハート・プラス」マークが設置されたことをとても喜んでいただきました。

「すっぽんの飯島」と言われるくらい、しつこく訴えて良かったです。

これからも「一人を大切に」をモットーに頑張ります!

 

「たばこ」が原因で、日本では年間13万人もの人が死亡しています。たばこに含まれている「発がん物質」は69種類以上。

「発がん物質」は放射性物質と同じように遺伝子に損傷を与え細胞分裂が制御できなくなり、人を死に至らしめます。

これが「がん」という病気です。現在日本人の死因の第一位が「がん」です。

非喫煙者も同じ空間にいれば、喫煙者が吸い込む煙「主流煙」とたばこの先から立ちのぼる煙「副流煙」の2種類の煙を吸い込むことになります。

その結果6800人が受動喫煙で亡くなっています。

受動喫煙の最大の被害者は赤ちゃんや幼児です。自分では避けることができないからです。

周囲の人が守ってあげなくてはなりません。また、妊娠中の女性への影響は深刻で未来の命に重大な危険性をもたらします。

<危険率>早産、自然流産 1.5倍   周産期死亡 1.2~1.5倍  低出生体重児 2倍        乳幼児突然死症候群 4.7倍

一般質問でも、予算特別委員会でも学芸大学の指定喫煙所の「受動喫煙の害」について質疑しましたが、

子どもの命を守るために一日も早く改善してもらえるよう、さらに訴えていきます!

 

5月25日発行の区報にも紹介されましたが、目黒区町会連合会で作った「町会・自治会加入のご案内」ができました。

目黒区内には、82の町会・自治会があります。町会・自治会は、それぞれの地域で、身近な生活課題を解決する共同体として、古くからある地縁団体です。

皆さんの日常生活には欠かせない、地域の清掃や資源の集団回収、私道防犯灯の管理、交通安全や歳末パトロール、各種行政情報の提供などを行っています。

また人と人とのつながりを大切にし、日赤献血活動や共同募金などの近隣相互の助け合いを通して、よりよいコミュニティーを形成するためのさまざまな活動に取り組んでいます。

町会・自治会区域別一覧、生活情報ガイド、裏面は目黒区町会・自治会マップになっています。

各町会・自治会のほか、地区サービス事務所で配布しています。是非、地域の町会・自治会加入の再確認を!

 

今日は、一日運動会日和でたくさんのご保護者の皆さんが応援に見えていました。

今年の「体育祭」のテーマは「Dont be losers」~決して諦めるな~

子どもたちの団体種目で協力しあう姿、個人種目で精一杯力を出す生徒、必死に走るリレーの姿に、何だかうるうる・・・年のせいでしょうか。

たくさんの皆様方にご参加いただき、雅叙園にて「斉藤やすひろ講演会(泰平会)発足パーティー」が開催されました。

公明党山口代表が応援に駆け付けました。(写真)

斉藤は、東京都議会へお送り頂き3年目、住みよい東京そして「平和・文化・教育」の薫る魅力あふれる首都・東京を目指し、日々奮闘しています!

 

油面住区センター第1・第2会議室にて定例総会がありました。

<住区住民会議とは>

小学校の通学区域を基本に、区内全域(22か所)で設立されている、目黒区独自のコミュニティー組織で、各区域内にお住まいの誰でも参加できます。

住区センターを活動拠点に、さまざまな独自事業や地域課題の協議を行いつつ、町会・自治会やPTAなどの地域団体、個人の協力を得て、各住区の特色を生かしたイベントを企画・開催しています。

また、住区センターの管理・運営を行っています。地域コミュニティー形式を担う団体として、住みよい街づくりの実現を目指して取り組んでいます。

事務局長、施設管理運営部長、生活環境部長、広報広聴部長、地域安全部長、スポーツ部長、青少年部長、福祉部長から

それぞれ報告と挨拶がありましたが、皆さん子どものためにと熱い思いが伝わってきました。

 

北千住駅からバスで足立区役所に行きましたが、目黒区役所と違い足立区役所の前がバスのロータリーになっていて、お年寄りには便利。

区役所の13階は展望レストランで良い眺めでした。。夜はビヤガーデンとなっています。

1階は喫茶店や展示販売や作品展示等、区民のくつろぎの場になっていて、入口から楽しい明るい雰囲気でした。

公明党「あかし幸子区議」の紹介で、忙しい中いろいろとお話をお聞きする事ができました。