menu

< 放射線量等測定の考え方>

区における放射性物質の拡散による影響については、これまでの区内2大学や都の空間放射線量の測定結果と専門家の意見等から、区内の大気や土壌は健康に影響を与えるような状況にないとの基本的認識にたっているが、放射線影響による現在の区民の健康不安を払拭するためにわ、当面の措置として、区内2大学や都の測定のほか、くでも独自に放射線の測定等をおこなうべきであると判断した。

●測定対象は、学校の校庭、保育園の園庭及び砂場の地表面並びに授業等で使用する野外プールの水とする。

●測定結果については、測定値に明確な評価基準がなく、区として評価できないことから、得られた測定値のみを区のホームページ上に掲載し、公表する。また、区内2大学の協力を得て、大学による測定結果をホームページに掲載し、公表する。

総合庁舎にて「生活環境と放射線」の講演会も開催される事になりました!!

詳しくは後日めぐろ区報や区のホームページに掲載されます。

 子どもの命を!子どもの笑顔を!守りたい!

孫の羅夢(ラム)人生の羅針盤をしっかりと持ち夢に向かって自分らしく輝いて欲しい!と願っています。

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代