menu

6月3日公明党目黒区議団として青木区長に要望書を提出しました!!

内容

3・11東日本大震災の発災よりまもなく3カ月がたとうとしていますが、未だに収束のてがかりすら掴めない福島第一原発事故。

現地では命懸けで復旧作業が続けられておりますが、今頃になって福島第一原発1号機及び2・3号機もメルトダウンしていたことが判明し、大量の放射線が放出されていたことが事実が明らかになりました。

東京都では、東京都健康安全研究センターで日々、大気中の放射線量を測定し公表を実地していますが、福島第一原発では今後も水素爆発の可能性やベントにより一時的に高濃度のが周辺に放出されるなど、予断を許さぬ状況が続いています。

これからの状況を踏まえ、私たち目黒区の子どもたちを被ばくの不安から守るために以下を要望いたします。

1.目黒区独自の放射線量測定の実地及び公表。

2.上記1.の測定の結果、必要に応じて区内の保育園、幼稚園、小中学校に対し「外気の遮断」「外遊びの中止」「校庭授業の中止」「水泳授業の中止」を促す。

3.学校給食で使用されている食材の原産地の表記及び公表。

4.身体に及ぼす放射能の影響力について講習会などの実施。

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代