menu

写真展「避難所が寒い。ストーブを送ってほしい」。震災発生直後の3月13日、宮城県気仙沼市からの要請を受け、目黒区はすぐさま石油ストーブ(電池式)の提供を区民に呼び掛けた。

区議会公明党も尽力し、その日のうちに多くのストーブが集まり、翌14日には62台のストーブとともに、毛布1090枚やビスケット1024食分などの支援物質が気仙沼市に届けられた。

目黒区と気仙沼市の交流が深まったのは、1996年9月に、気仙沼産のサンマを地域の人々に振る舞った「目黒のさんま祭り」がきっかけで、2000年には区の主要行事となった。翌01年9月には相互援助協定が結ばれ、昨年9月には友好都市協定も締結。より深い友好関係が築かれた。

同区ではこのほか、修理した放置自転車50台やレトルト食品など、気仙沼市の要請に応じて救済物資を送り届けている。

区防災課の足立武士課長は「今後も気仙沼市の状況に合わせ、柔軟に支援していく」と語る。

こうした中、同区総合庁舎1階では、気仙沼市の被害状況を伝える写真展が、今月26日まで開かれている。14日に同展を訪ねた区議会公明党のメンバーは、被害状況を改めて確認。さらなる支援と災害に対応した特別委員会の設置に向けて、全力を注いでいる。

2011年5月22日公明新聞より

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代