menu

東北のお酒現地ルポ 作家ー森達也と歩く 

「頑張らなくても生きてゆける人たちの『頑張ってください』との声が、今は頑張らなければ生きてゆけない人たちに対して、いかに残酷で身勝手で自己陶酔的であるかは知っている。でも今、僕が発することができる言葉はこれしかない。他には何も浮かばない。心から願う。そして祈る。頑張ってください。負けないでください」(森達也ブログ)

震災による人的・物的な損害の大きさ、原発事故などは自然からのメッセージなのだろうか。「それはわからないが、豊かさを追求してきた生活、エネルギー問題、助け合う心の大切さなど、多くのことに気付くきっかけになったのは確かだろう。それをどこまで我々の意識に埋め込めるかが課題だ」

森さんのブログが心に響きました。ひとりひとりが自分に何が出来るか考える事が大切と歩いていたら、油面通りの山木酒店で、復興支援発見!!

今日、憲法記念日。斉藤都議と六人の公明党目黒区議で街頭演説をしました。

被災者守り 支え合う日本に!!今後の日本社会のあるべき姿は「自助・公助・共助のバランスの取れた支え合う仕組み」個人が自らを助ける「自助」や行政による「公助」には限界もあるため、「個人と個人、地域と地域が支え合う『共助』の充実が被災地でも重要になる」

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
目黒区 飯島和代