Archive for the ‘気象’ Category

❒本会議において6人の議員が、市の行政全般にわたり一般質問を行いました。

 

また、午後から雨が激しくなりましたが、午後6時、四国の南の海上で熱帯低気圧が台風3号に変わりました。前線の影響も加わり28日にかけて、西日本から東北にかけての広い範囲で大雨になるおそれがあります。

 

▽東海は27日夜遅くから28日の明け方にかけて激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

 

今後、最新の気象情報を確認するようにしてください。

 

朝の本会議前に車のパンクが…。本会議終了後の修理となりました。車の点検の重要性を改めて実感しました!

 9F745563-1E30-4249-B9C7-09BDF9BA1974

K10011970941_1906271951_1906272001_02_01

NHK/三重NEWSWEB:9031938分…より転載!

非常に強い台風21号は、三重県には勢力を維持したまま4日昼すぎから夕方にかけて最も接近する見込みです。

 気象台は暴風や高波に厳重に警戒するとともに土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

 

 3日午後6時現在、沖縄県の東の海上を北上している台風21号は、このあとも非常に強い勢力を維持したまま速度を早めながら北上する予想で、三重県には4日の昼すぎから夕方にかけて最も接近する見込みです。

 

このため、県内では4日、雷を伴って1時間に南部で90ミリ、北中部で80ミリの猛烈な雨が降るところがある見込みで、4日夜までの24時間には多いところで南部で400ミリ、北中部で300ミリの雨が降ると予想されています。

 

さらに、5日夜までの24時間に降る雨の量は北中部、南部ともに50〜100ミリと予想されています。

 

また、4日は海上を中心に猛烈な風が吹く見込みで、予想される最大瞬間風速は海上が50メートル、陸上が35メートルとなっています。

 

 海上はうねりを伴って猛烈にしける見込みで、波の高さは南部の外海で10メートル、伊勢志摩内海で6メートル、北中部の内海で5メートルと予想されています。

 

気象台は暴風や高波に厳重に警戒するとともに土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

 3070000183_20180903193854_m

❒午前10時03分に大雨警報が発表されたため、災害対策本部が設置されました。

 

台風20号が接近中。

本日夕刻から夜半にかけて、雨、風が強まると予想。気象情報に注意願います!

 

https://www.city.matsusaka.mie.jp/

 

A486D0E5-5A09-43A9-8A18-646F9EF0789C

※午後2時00分に避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。

 

2876E28E-1D35-49CA-BF10-0304B273CCCC

❒本日10:00より議会運営委員会の開催。

終了後、8月9日(木)・10日(金)に開催される臨時議会についての会派打合せ会がありました。

 IMG_0741

 

 

台風12号への警戒が必要な時間帯は、

 

 

・小笠原諸島→大雨が27日の夕方にかけて、暴風が27日夜にかけて、高波が27日夜遅くにかけて

 

 

・関東甲信と伊豆諸島→大雨と高波が28日土曜日の昼前から29日日曜日の明け方にかけて、暴風が28日昼前から28日の夜遅くにかけて

 

 

・東海→大雨が28日昼前から29日夜遅くにかけて、暴風が28日昼前から29日明け方にかけて、高波が28日昼すぎから29日昼にかけ

 

 

・近畿→大雨が28日夜遅くから29日夕方にかけて、暴風と高波が28日夜遅くから29日昼にかけて

 

 

中国地方→大雨が29日の未明から夜遅くにかけて、暴風と高波が29日の未明から昼にかけて

 

 

四国→大雨、暴風、高波がいずれも29日の未明から昼にかけて

 

 

九州北部→大雨が29日夜から今月30日の月曜日にかけて、暴風が29日昼から今月30日にかけて

 

 

東北→高波が28日の夜のはじめから29日明け方にかけて

 

これら目安の時間帯で、台風の進路や速度によって変わる可能性もあり、最新の情報を確認してほしいとしている。

 

 K10011551611_1807271911_1807271913_02_01

❒am8:40~納棺

   pm1:00~告別式

終了後、市民相談の件で2件、ご挨拶に伺いました。

※昨日1/2のスーパームーンに匹敵する美しい月でした。

S_7250676723039

❒11月定例会の一般質問の提出原稿の作成や文教経済委員会の打ち合わせ会、2月の“躍進の集い“のご案内等を行った一日でした。日毎に寒くなって参ります。お身体ご自愛ください。

 S_7180241535299

NHK/NEWSWEB:9161921より転載!

台風18号は17日夜から18日朝にかけて東海地方に最も接近する見込みで、今後、台風の影響で前線の活動が活発になり、非常に激しい雨が降る恐れがあり気象台は土砂災害や河川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

 

東海地方では、三重県を中心に広い範囲で雨が降っていて、午後6時までの1時間の雨量は、三重県の志摩市で11ミリ、津市で7.5ミリ、岐阜県の八百津町で3.5ミリ、愛知県の中部空港で3ミリなどとなっています。

 

気象情報に注意して、お気を付けて行動してください。

S_6706093966064

 

❐前線の通過に伴って午前中から大気の状態が不安定で、松阪でも激しい雨、強い雨が降りました。

地域を回らせていただいた帰り道での虹をパチリ…。また強い台風18号が沖縄県の南の海上を西へ進んで強い勢力に発達し、13日の午後、沖縄県の先島諸島に接近する見込みです。今後の情報に注意してください。

 S_6686370407810

NHK/NEWSWEB:8112208より転載!

11日夜、日本のはるか南東の海上で台風12号が発生しました。

 

気象庁の観測によりますと、11日午後9時、日本のはるか南東のウェーク島近海で、熱帯低気圧が台風12号に変わりました。

 

中心の気圧は1004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から半径170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

 

台風は1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでおり、気象庁は付近を通る船舶に注意するよう呼びかけています。

K10011097431_1708112207_1708112208_01_02

 

tenki.jp 41720:00発表…より転載!

日本海には、前線を伴った低気圧があって、北東へ進んでいます。

三重県は、おおむね雨となっています。

今夜は、前線を伴った低気圧が日本海を北東に進むため、雨で雷を伴い激しく降る所があるでしょう。

明日は、日本海を発達しながら北東に進む低気圧からのびる前線が通過するため、はじめ雨で雷を伴い激しく降る所がありますが、昼前から次第に晴れるでしょう。

 

New Image

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp